footballnet【サッカーまとめ】

    ベッカム、ついに来日だ!ファッションはこんな感じ はてなブックマーク - ベッカム、ついに来日だ!ファッションはこんな感じ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/09/29(木) 14:41:20.27 ID:CAP_USER9
    イベントに出席するため、日本に向けて出発していたデイヴィッド・ベッカム。

    28日午後8時頃、成田空港に到着した。

    http://qoly.jp/media/15e4be1a-8829-467c-99e9-c5b0dbbd9210
    http://qoly.jp/media/e9f86098-442c-428b-a759-6da90409a7a1

    およそ14時間のフライトを経て、日本に到着したベッカム。便名は全日本空輸(ANA)のNH103便で、ニューヨークからの直行便である。

    白のシャツとブルーのパンツというベッカムらしいシンプルなファッションで現れた。

    http://qoly.jp/media/53897116-14a7-4ec6-b3da-a8f589ab9232

    ヘッドフォンもファッショナブル!

    http://qoly.jp/media/a8ab4b0f-d631-4fcc-85e8-6517b617146c
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://qoly.jp/2016/09/29/david-beckham-at-narita-airport?part=2


    ▼続きを読む▼
    スポンサードリンク

    試合勘欠如の本田、香川ら招集理由は「外せばメンタル壊れる」 ハリル監督が過保護な一面を自ら暴露 はてなブックマーク - 試合勘欠如の本田、香川ら招集理由は「外せばメンタル壊れる」 ハリル監督が過保護な一面を自ら暴露

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ゴアマガラ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/29(木) 18:32:10.19 ID:CAP_USER9
    「海外組は12人試合に出ていない」と嘆きながらも重用

    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の本拠地イラク戦と敵地オーストラリア戦でACミランFW本田圭佑、ドルトムントMF香川真司ら所属先でベンチ要員となっている主軸を招集した。その一方、Jリーグで出場している国内組の招集はFWとMF部門でわずか4選手。
    だが、出番を失っているかつての主軸を継続招集する理由は「外せばメンタルが壊れる」と説明しており、クラブで出番を失った一部選手への過保護な一面を自ら暴露している。

    代表メンバー26人を発表したハリル監督は日本サッカー界の苦境について、会見の冒頭で「海外組は12人試合に出ていない」と嘆いた。それでも本田や香川を筆頭に、太田宏介、長友佑都、吉田麻也、長谷部誠、清武弘嗣、宇佐美貴史、武藤嘉紀、岡崎慎司らクラブで先発の座を手にできていないメンバーを招集した。

    「主力が出ていない現状をどう思うか。特に1試合目、コンディションに問題あるならJリーガーを優先するのか」

     こう質問されたハリル監督は、レギュラーで試合に出ている国内組よりも、ベンチを温める海外組を重用する理由を明らかにしている。

    「国内組の話からさせてもらう。毎試合、我々のスタッフが見ている。50人ほどを調査している。その中に選手の入れ替わりもある。そして全員で分析している。永木(亮太/鹿島)や齋藤(学/横浜FM)、中村憲剛、大島(僚太)、小林悠(いずれも川崎)という国内組。中島翔哉(FC東京)も好きだ。井手口(陽介/G大阪)もそう。こういったところに入れていいか、追跡していこうという選手だ。合宿に毎回若い選手を呼んで、自信を持たせる仕掛けをしている。ただし、良い選手でなければならない」

    国内組のスカウティングも積極的に続けていることを明らかにしながらも、海外組の置かれた環境の熾烈さを強調している。

    「海外との比較だが、香川真司の競争の状況を想像してほしい。ドルトムントは世界でも有数の選手がいる。誰と競争しているか。シュールレとゲッツェだ。
    かなりのハイレベルな選手だ。そしてグループに残り続けるため、先発を取るために狂ったように練習しなければいけない。必死にやらないと簡単に落ちる」
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160929-00010011-soccermzw-socc 

    ▼続きを読む▼

    <ケルンFW大迫勇也>復調の転機は“長澤の退団”と激白!「それから、僕は明らかにやりやすくなった」 はてなブックマーク - <ケルンFW大迫勇也>復調の転機は“長澤の退団”と激白!「それから、僕は明らかにやりやすくなった」

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/09/29(木) 12:43:05.31 ID:CAP_USER9
    指揮官は「彼はモデストをより活かす役割をしっかりと理解している」と絶賛

     ケルンの日本代表FW大迫勇也はリーグ戦2試合連続ゴールを決めるなど、ドイツ移籍3年目にして本領を発揮し、定位置を確保している。好調をキープする大迫は、現在J2のジェフユナイテッド千葉に所属するMF長澤和輝の退団がターニングポイントになったと明かした。ドイツ地元紙「エクスプレス」が報じている。

     大迫は25日にRBライプツィヒで2試合連続ゴールを決めた。地元紙は復活を遂げた大迫を再三取り上げており、注目度は日に日に高まっている。同紙は「大迫の爆発」と特集し、覚醒したストライカーを取り上げた。

     昨季の大迫はトップ下やサイド起用され、ゴールから離れた位置でのプレーが必然的に多くなり、目に見える結果は開幕戦のシュツットガルト戦で挙げた1点のみ。点取り屋としての資質を思うように発揮することはできなかった。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160928-00010017-soccermzw-socc

    ▼続きを読む▼

    日本サッカーはなぜ「こんなに強くなったのか」、中国との違いはどこに? はてなブックマーク - 日本サッカーはなぜ「こんなに強くなったのか」、中国との違いはどこに?

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/09/29(木) 12:15:09.53 ID:CAP_USER9
     中国メディアの今日頭条はこのほど、日本サッカー界はすでに世界から尊重される力をつけることに成功したと伝え、その力の源は「少年時代から選手を育てる日本の方法」をにあると伝えている。

     記事はまず日本のジュニアユースチームに所属する日本人の子どもたちが上海で中国スーパーリーグを観戦したことを紹介。その際、子どもたちはノートに観戦から得た多くの戦術が書き込まれていたという。ただ試合を観戦するのではなく、盗めることは盗もうとする日本のサッカー少年の貪欲さに、「日中ユースの差はちょっとどころじゃない」と指摘した。

     続けて、日本のユースチームが小学生の段階から「一貫制指導」を採用しており、「コーチは選手個人の成長に合わせてトレーニング内容を変えていく」と説明、さらにユースチームの少年たちの環境は「プロ選手に直接触れる機会もあり、サッカーに打ち込む思いをさらに強く促進する作用がある」と指摘した。

     また記事は、日本の場合は本田圭佑選手のようにユースで伸び悩んでも高校のサッカー部で花を咲かせてプロ選手になるケースもあると紹介。日本には少年少女たちがレベルに応じてサッカーに打ち込む環境があり、こうした環境のもとで日本サッカーは強くなってきたのだと指摘した。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://news.searchina.net/id/1619747?page=1

    ▼続きを読む▼

    <Jリーグ>湘南ベルマーレ、本拠地移転を検討!2万人新スタジアム 平塚、藤沢など候補に検討 はてなブックマーク - <Jリーグ>湘南ベルマーレ、本拠地移転を検討!2万人新スタジアム 平塚、藤沢など候補に検討

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/29(木) 09:00:53.92 ID:CAP_USER9
    湘南が新スタジアムへの本拠地移転を検討していることが28日、分かった。候補地として、大手コンサルタント会社から神奈川・平塚市、藤沢市、茅ケ崎市などから複数リストアップされているという。

    完成は早くても22年以降とみられるが、民活プロジェクトで2万人以上収容のサッカー専用スタジアムの建設を目指している。10月末には、第三者委員会が設置される。

    移転の狙いは、タイトルを取るためのクラブ規模拡大だ。

    現在、湘南は年間順位17位と降格圏に沈む。苦戦の背景には、主力が引き抜かれる現状がある。今季も昨季主力として活躍したDF遠藤(浦和)MF永木(鹿島)GK秋元(東京)らの穴が埋められていない。

    営業収入は浦和の約4分の1となる約15億円。クラブは2025年までにタイトルを取る青写真を描いており、真壁会長は「今のクラブ規模では限界がある。(営業収入を)倍の約30億円にしないといけない」と話していた。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00000024-nksports-socc

    ▼続きを読む▼

    日本代表発表 クラブで出番はないけど…イラク戦&豪州戦に本田、香川、川島ら招集!永木は初選出 はてなブックマーク - 日本代表発表 クラブで出番はないけど…イラク戦&豪州戦に本田、香川、川島ら招集!永木は初選出

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/09/29(木) 15:17:14.73 ID:CAP_USER9
    ▽GK
    西川周作(浦和)
    東口順昭(G大阪)
    川島永嗣(メス)

    ▽DF
    酒井宏樹(マルセイユ)
    酒井高徳(ハンブルガーSV)
    長友佑都(インテル)
    太田宏介(フィテッセ)
    吉田麻也(サウサンプトン)
    槙野智章(浦和)
    森重真人(FC東京)
    丸山祐市(FC東京)
    植田直通(鹿島)

    ▽MF
    長谷部誠(フランクフルト)
    山口蛍(C大阪)
    柏木陽介(浦和)
    永木亮太(鹿島)
    香川真司(ドルトムント)
    清武弘嗣(セビージャ)
    大島僚太(川崎F)

    ▽FW
    本田圭佑(ミラン)
    小林悠(川崎F)
    宇佐美貴史(アウクスブルク)
    原口元気(ヘルタ・ベルリン)
    岡崎慎司(レスター・シティ)
    武藤嘉紀(マインツ)
    浅野拓磨(シュツットガルト)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-01631690-gekisaka-socc
    ゲキサカ 9月29日(木)15時16分配信

    ▼続きを読む▼

    <ハリルへの推薦状>FWは勢いが重要!7戦・6発と“爆発中”192センチの長身FW長沢駿(G大阪)を今こそ呼ぶべきだ! はてなブックマーク - <ハリルへの推薦状>FWは勢いが重要!7戦・6発と“爆発中”192センチの長身FW長沢駿(G大阪)を今こそ呼ぶべきだ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/28(水) 23:48:24.64 ID:CAP_USER9
    ポストプレーの精度では前田遼一に上回られたが、とにかくゴールの嗅覚が冴えわたっている。

    G大阪の192センチの長身FW長沢駿が、8月からの公式戦で7試合・6ゴールと"爆発中"だ。ハリルホジッチ監督が視察に訪れた9月25日のFC東京戦(3-3で引き分け)でも、藤春廣輝のクロスに対し、上手くDFのマークを外して左足を振り切り、鋭いシュートを突き刺してみせた。「ボールがこぼれてくるのを感じ取ることができた」という、まさにストライカーとしての嗅覚を発揮しての一撃だった。
     
    「何人かをチェックにしに来た」というハリルホジッチ監督の目当てのひとりは、間違いなく長沢だった。ただし一方で、「身長もあり、面白い選手。もう少し練習を続けてほしい」とも注文を付けられた。
     
    この試合のボール支配率は、G大阪から見て43.4パーセント対56.6パーセント。G大阪があえてカウンターを狙ったための数字ともいえるが、試合全体をとおして相手に主導権を握られていた印象は強かった。
    (*゚∀゚)っ続きはリンク先から
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160928-00019154-sdigestw-socc
    <ハリルへの推薦状>Jリーグ最強!キレまくっているドリブラー齋藤学。ポジションを争うとすれば、4-3-3の左ウイング©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1475046008/

    ▼続きを読む▼
    スポンサードリンク
        スポンサードリンク
        最新記事
        ヌルポあんてな
        Facebookで更新情報を受け取る
        逆アクセスランキング
        相互RSS、記事削除要請など

        名前
        メール
        本文
        お知らせ
        過去記事はインポートしていません。アクセスランキング
        相互RSS募集中です → このブログについて