footballnet【サッカーまとめ】

香川、GKへパスのようなシュートから奮起!ゴン並んだ歴代10位21得点 はてなブックマーク - 香川、GKへパスのようなシュートから奮起!ゴン並んだ歴代10位21得点

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/04(金) 11:53:14.36 ID:???*.net
◆2018年ロシアW杯アジア2次予選 ▽E組第2戦 日本3―0カンボジア(3日・埼玉スタジアム2002)

また日本代表ではダメなのか…。そんな空気を、香川は何とか自らの足で振り払った。後半16分。ゴール前のこぼれ球を右足で流し込み、待望のハリル・ジャパン初ゴール。今年1月のヨルダン戦以来、6試合ぶりの1発となったが「前半、絶対に決めなければいけないシュートを外したので。まだまだ精度を上げないと。ゴールはほっとしたというか…まあよかったです」とすっきりしない表情で振り返った。

ドルトムントでは公式戦7試合4得点と絶好調で帰国し、トップ下で先発。多くの決定機を外し引き分けの“戦犯”となった6月のシンガポール戦と、同じ轍(てつ)を踏むわけにはいかなかった。しかし前半42分、左サイドのFW武藤からゴール前約3メートルの位置でパスを受けたが「慎重にいきすぎて硬くなった」。GKへのパスのような力のないシュートで決定機を逃した。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150904-00000017-sph-socc

▼続きを読む▼
スポンサードリンク

待望のゴールも不完全燃焼…ドルトムントでの輝きを放てない香川真司の苦悩と希望 はてなブックマーク - 待望のゴールも不完全燃焼…ドルトムントでの輝きを放てない香川真司の苦悩と希望

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/04(金) 12:52:24.67 ID:???*.net
3月のヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任後、アジア相手に公式戦4戦未勝利という苦境に直面していた日本代表。3日の2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選・カンボジア戦(埼玉)は絶対に勝ち点3が必要だった。自陣に引いて人数をかけて守る相手に対し、いかにゴールをこじ開けるかが最重要テーマであることを、選手全てが強く認識してこのゲームに挑む。8月15日に今シーズンのブンデスリーガが開幕して以降、公式戦5試合で4ゴール2アシストという華々しい活躍を見せている日本のエースナンバー10・香川真司(ドルトムント)はそのキーマンになる存在と目されていた。

本人は「クラブと代表は別物。切り替えなければならない」と慎重な物言いを崩さなかったが、ドルトムントのように前線にいるアタッカー陣をうまく生かしつつ、状況を見ながら自らがスペースに飛び出していければ、確実に得点が奪えるはず。そんなイメージを彼自身も持って試合に入ったに違いない。この日の香川は6月のシンガポール戦(埼玉)に比べて立ち上がりからキレが感じられた。前回は中央突破にこだわりすぎて窮屈そうにプレーしていたが、今回は左右に大きく動きながらゴール前へ侵入していく。そんな彼からはゴールの予感も少なからず漂っていた。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150904-00346776-soccerk-socc

▼続きを読む▼

ハリルホジッチ監督「このチームは確実に伸びる」 はてなブックマーク - ハリルホジッチ監督「このチームは確実に伸びる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/04(金) 13:09:36.72 ID:???*.net
満足はしていないが、勝ったことには「おめでとう」と言いたい
格下のカンボジアをホームに迎えて、日本は多くのチャンスを作りながらも3点しか奪えなかった。

「もう少し点を取れたのはわかっている。多くのチャンスがあったことを考えれば、3点しか取っていないことに満足していない」

これは、試合後のハリルホジッチ監督のコメントである。ただ、6月16日のシンガポール戦に0-0で引き分けていたことで、選手たちにはプレッシャーがあったことも強調した。誰もが勝利を期待するなか、ゴール前を固める相手から得点するのはたしかに容易ではない。

「シンガポール戦をずっと引きずっていた。今日は勝つ以外の選択肢はなかった。おそらく、それがプレッシャーとなり、選手たちを慌てさせた。その事実を踏まえると、もう少し得点できたが、3-0で勝利した選手たちに『おめでとう』と言いたい。今夜はネガティブになれない」
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150904-00010008-theworld-socc



▼続きを読む▼

超低レベル…日本代表を取り巻く環境は「緩い」。どんなにドジを踏んでも落選することはない はてなブックマーク - 超低レベル…日本代表を取り巻く環境は「緩い」。どんなにドジを踏んでも落選することはない

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: キヨシボンバイエ ★@\(^o^)/ 2015/09/04(金) 16:17:51.55 ID:???*.net
試合後、監督はこう述べた。「私は勝利を要求し、それに応えた選手にはおめでとうと言いたい」「今夜はネガティブな気持ちになれない」
 
大仕事を終えた後のように、ホッと胸をなで下ろすハリルホジッチ。どれだけ余裕がなかったのか。心配になるのはむしろ監督だ。これが「決勝戦」ならそれでもいいが、戦いはまだ始まったばかり。実質的にはまだ始まっていないと言っていい。
 
この超低レベルの組で日本は2位以内に入れば、最終予選に進むことができる。シンガポールにホームで引き分けたことは事件に相当するが、事件が起きても、大局的に見れば小さな問題だ。日本代表を取り巻く環境はそれほど緩い。どんなにドジを踏んでも、落選することはない。といえば、「サッカーは何が起きるか分からない」と言い出す人が必ずいる。だが、限りなくゼロに近いにもかかわらず、そう言ってしまうと、4年間を計画的に過ごすことはできない。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/jfootball/2015/09/04/post_960/index2.php

▼続きを読む▼

勝利こそが重要だと語る柴崎岳「1-0でも2-0でも結果を得られればいい」 はてなブックマーク - 勝利こそが重要だと語る柴崎岳「1-0でも2-0でも結果を得られればいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/04(金) 17:10:45.02 ID:???*.net
日本代表は4日、ロシア・ワールドカップアジア2次予選のカンボジア代表戦から一夜明け、埼玉県内でトレーニングを行った。練習後、MF柴崎岳が記者団の取材に応じている。

出場機会がなかった柴崎は、3-0で勝利を収めたカンボジア戦を振り返り、「勝ったことは非常に良いことだと思いますし、本当に結果を最重要項目として得られたことは良かったと思います。

内容に関しては、すべてのチームがああいった守り方をしてくると難しい部分があるのは当然かなと思う」と人数をかけてゴール前を固められた状況でもしっかりと得点を奪って勝てたことは良い点だったと話した。

続けて「点を取れて勝てたことは良かったと思いますし、次の試合もしっかりと1-0でも結果を得る。あまり得点、得点というふうにならずとも1-0でも2-0でも結果を得られればいいかなと思っている」とまずは予選である以上、勝ち点3を確保することが一番重要だと改めて強調している。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150904-00346900-soccerk-socc

▼続きを読む▼

アイスランド代表、先発11人の名前は全員「○○ソン」でした はてなブックマーク - アイスランド代表、先発11人の名前は全員「○○ソン」でした

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/ 2015/09/04(金) 19:28:16.04 ID:???*.net
3日、欧州各地でEURO2016予選が行われ、グループAでは注目の一戦オランダ対アイスランド戦が行われた。

フース・ヒディングが辞任したオランダは、これがダニー・ブリント監督の初陣。チームはグループAで3位に沈んでおり、4位トルコとの勝ち点差はわずかに2と、この試合で敗れるようなことがあると予選敗退も見えてくるという状況だった。

一方、アイスランドは難敵揃いのグループAで首位につけていた。レイキャビクで行われたオランダ戦は2-0と勝利しており、今予選におけるサプライズチームの一つだった。

敵地、アムステルダム・アレーナに乗り込んだアイスランド。ラーシュ・ラガーベック監督は全幅の信頼を置く11名をピッチに送り出したのだが、その先発メンバーの名前に特徴的な事態が発生していた。

そう、先発メンバー全員の名前の末尾が「―ソン(SON)」だったのだ!これぞアイスランドあるある!
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://qoly.jp/2015/09/04/iceland-national-team-names-vs-netherlands
http://jp.uefa.com/uefaeuro/qualifiers/season=2016/matches/round=2000446/match=2013971/postmatch/report/index.html

▼続きを読む▼

セルジオ越後のカンボジア戦論評 ホームでたったの3点。今の日本からはやりたいことが見えてこない はてなブックマーク - セルジオ越後のカンボジア戦論評 ホームでたったの3点。今の日本からはやりたいことが見えてこない

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/09/04(金) 06:29:21.28 ID:???*.net
香川はなぜ日本に帰ってくると、輝けないのだろうか。

勝って当たり前の相手からホームでたった3点しか奪えない、フラストレーションの溜まる試合だったね。6月にシンガポールが、カンボジア相手にアウェーで4点を取っていることを考えても、素直に喜べない勝利だ。

試合前日の記者会見で、ハリルホジッチ監督は3か月前のシンガポール戦のドローがアクシデントだったと思わせたいと意気込んでいたけれど、34本ものシュートを放ちながらスコアが3-0では、それを実現できたとは言い難い。

とにかく日本の攻撃は単調で、工夫のないものだった。

長谷部と山口の2ボランチは、ただボールを左右に散らすだけで、相手の急所を突くようなスルーパスを通せなかったし、両サイドは余裕を持ってフリーで上がっていくけど、ピンポイントのクロスを送ることができない。特に右SBの酒井は、精度の低さが目立っていたね。この程度の相手にあのパフォーマンスでは、先が思いやられるよ。

香川も1点を取ったとはいえ、ゴールを決めるべきシーンで決められなかった。ドルトムントではあれだけ輝いているのに、なぜ日本に帰ってくると、いつも決まって同じようにプレーできないんだろう。ドイツでは周囲の選手に上手く活かしてもらって、日本代表では活かしてもらっていないということなのかな。

また、香川がCKを蹴るという状況も改善すべき点だ。ワールドカップ予選のような舞台では、時にセットプレーが勝負を左右する。彼のキック精度では、正直心許ないよ。

4試合未勝利という状況のなかで、選手たちがこの試合に向けて「絶対に勝たなくてはいけない」と、いつも以上に気合が入っていたのは間違いないけど、カンボジア程度の相手なら、もう少し肩の力を抜いて、余裕を持ってゲームに臨んでもらいたいものだ。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150904-00010003-sdigestw-socc

▼続きを読む▼
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
ヌルポあんてな
Facebookで更新情報を受け取る
逆アクセスランキング
相互RSS、記事削除要請など

名前
メール
本文
お知らせ
アクセスランキング
相互RSS募集中です → このブログについて