footballnet【サッカーまとめ】

ハリルジャパン辛勝に厳しい声「本田・香川不要論」 はてなブックマーク - ハリルジャパン辛勝に厳しい声「本田・香川不要論」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/10/09(日) 10:55:21.81 ID:CAP_USER9
サッカー日本代表は10月6日、W杯ロシア大会アジア最終予選第3戦で、イラクと対戦。2対1で勝利した。後半アディショナルタイムに勝ち越し点を奪うという劇的な展開での勝利だったが、ネット上では厳しい意見も少なくない。

前半26分に原口元気のゴールで先制するも、後半15分に追いつかれた日本代表。FW浅野拓磨、小林悠といった攻撃的な選手を途中交替で投入し、さらにDFの吉田麻也を前線に上げて勝ち越し点を狙うも、なかなか点を奪えずにいた。そして後半アディショナルタイム、フリーキックのこぼれ球を途中出場の山口蛍がダイレクトボレーでイラクゴールに叩き込み、どうにか勝ち点3をもぎ取った。

劇的な勝利だったことは確かだが、少なくとも余裕の勝利とは言いがたい、今回の試合。ツイッターでは、

「日本代表劇的勝利で勝ったのはいいけど、ホームでギリギリの展開。叫ぶほど嬉しかったけど、同時にオーストラリア戦のこわさを感じたよー」
「しかし、サッカー日本代表は不安が残るなぁ。守備がダメ過ぎる。こんなんで戦えるのだろうか?かつては鉄壁の守りだったのが嘘みたい」
「大丈夫か?日本代表。兎に角、安心して試合をみたい」

と、今後の戦いに不安を感じるネットユーザーが多い。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161009-00000004-rnijugo-life
R25 10月9日(日)7時0分配信

▼続きを読む▼
スポンサードリンク

<日本代表>「ビッグ4」から「ロンドン世代」へ。結果を出した清武、原口、山口らにバトンを渡す時は来た はてなブックマーク - <日本代表>「ビッグ4」から「ロンドン世代」へ。結果を出した清武、原口、山口らにバトンを渡す時は来た

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/08(土) 18:59:54.18 ID:CAP_USER9
■本田、岡崎、長友、香川のクラブでの出場機会はメッキリと減り、ピッチでの存在感を失いつつある。
 
イラク戦は「劇的な勝利」だったが内容に乏しく、次につながるかと言えば、そうとは言い切れない。日本代表に威圧感というか迫力がないし、若いイラク代表に見下されている感すら受けた。

実際、イラクはビビらず果敢に攻めてきた。戦前は必死に守るスタイルという話だったが、ピッチに立って「やれる」と感じたから前に出てきたのだろう。
 
そういう時こそコテンパンにやっつけ、「日本強し」の印象を植え付けるべきだったが、まさかの苦戦。これでは今後はもちろん、世界との戦いになった時、不安で仕方がない。
 
こういう試合では光明を見つけるのが難しいが、ひとつ見えてきたものがあった。世代交代の風が吹いたのだ。
 
イラク戦、ベンチには香川真司、長友佑都が座っていた。岡崎慎司は75分に浅野拓磨と交代し、さらに本田圭佑も81分、小林悠と交代した。本田は「監督の指示が前の3人は疲れた選手から代える」と交代について語っていたが、主力4選手がピッチにいない光景は、ここ数年見られなかった今を象徴するシーンだった。
 
「ビッグ4」と言われる本田、長友、岡崎、香川は北京五輪組で4年前ブラジ・ワールドカップ最終予選の時は主力中の主力だった。とりわけ本田は絶対的なエースとして君臨し、ほとんど途中交代することなどなかった。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161008-00019478-sdigestw-socc&p=1

▼続きを読む▼

<セレッソ大阪>OBで元鳥栖監督・尹晶煥氏に指揮官就任再要請…14年は決裂 はてなブックマーク - <セレッソ大阪>OBで元鳥栖監督・尹晶煥氏に指揮官就任再要請…14年は決裂

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/09(日) 09:12:32.36 ID:CAP_USER9
J2C大阪が来季監督として、クラブOBで韓国Kリーグ・蔚山現代の尹晶煥監督(43)に正式オファーを出したことが8日、複数の関係者の話で分かった。大熊清監督(52)は今季兼務している強化部門のトップに専念するとみられる。

 現役時代、韓国代表MFだった尹氏は2000~02年にC大阪に所属し、元日本代表MF森島寛晃氏、同FW西沢明訓氏らと共にプレー。02年日韓W杯代表にも選ばれた。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161008-00000292-sph-socc

▼続きを読む▼

<日本代表>豪州は「急いで縦へ」の一辺倒では崩せない!横パス効果的に使う“脱ハリル戦術”を はてなブックマーク - <日本代表>豪州は「急いで縦へ」の一辺倒では崩せない!横パス効果的に使う“脱ハリル戦術”を

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/09(日) 09:26:49.06 ID:CAP_USER9
 11日にロシアW杯アジア最終予選でオーストラリアと対戦する日本代表は8日、チャーター機で現地入り。午後からメルボルンで初練習を行った。

2戦連続のトップ下での出場が濃厚なMF清武弘嗣(26)=セビリア=は、バヒド・ハリルホジッチ監督(64)が求める相手守備陣の背後への一発のパスにこだわりすぎずにやることが必要と強調。"脱ハリル"で強敵を撃破するプランを明かした。

 このままではオーストラリアは崩せない―。司令塔・清武なりに悩んだ末の答えだった。「"じらし"がない中で、一発の(相手守備へ)背後の数が多い。もう少しボールを出し入れして、相手が食いついて来たときに背後を突かないと」。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161008-00000300-sph-socc

▼続きを読む▼

<日本代表>劇的勝利も内容面やスタメン選考に不満の声クラブで全く試合に出れない選手を、いつまでスタメンで使うんだ」 はてなブックマーク - <日本代表>劇的勝利も内容面やスタメン選考に不満の声クラブで全く試合に出れない選手を、いつまでスタメンで使うんだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/08(土) 22:55:31.90 ID:CAP_USER9
【アンケート結果】劇的勝利も内容面やスタメン選考に不満の声 「クラブで全く試合に出れない選手を、いつまでスタメンで使うんだ」

▽超WS有料版で実施していた6日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第3戦、イラク代表戦における日本代表の採点アンケート結果を発表します。

▽先月行われたタイ代表戦を勝利した日本は、ホームでイラク代表戦を戦った。微妙な判定で先制に成功するも、課題のセットプレーで追いつかれたチームは、試合終了間際に途中出場のMF山口蛍の劇的弾で勝利し、辛くも連勝を飾った。

▽しかし、アンケート結果を見ると、共にゴールを記録したFW原口元気、MF山口蛍に高い評価が与えられた一方、ミスの目立ったMF本田圭佑など、そのほかの選手は軒並み厳しい評価となった。さらに、「クラブで全く試合に出れない選手を、いつまでスタメンで使うんだ」など、出場機会の少ない海外組のスタメン起用に対してなど、ハリルホジッチ監督のメンバー選考などに厳しい声が多数寄せられる結果となりました。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=254765&page=1

▼続きを読む▼

酒井宏、長友離脱で緊急事態のSB。“右は長谷部”という選択肢も? はてなブックマーク - 酒井宏、長友離脱で緊急事態のSB。“右は長谷部”という選択肢も?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/10/08(土) 17:49:43.42 ID:CAP_USER9
オーストラリアの高さ対策を最優先するなら…。

 累積警告で出場停止の酒井宏樹に続き、7日の練習で負傷した長友が途中離脱。ふたりに代わる選手の追加招集はない、となると、オーストラリア戦の注目ポイントのひとつが「SBのスタメンが誰になるか」だ。

 オーストラリアの高さ対策を最優先するなら、右に酒井高徳、左に槙野という可能性が高い。槙野は6月に行なわれたキリンカップのボスニア・ヘルツェゴビナ戦で槙野は途中出場ながら左SBで使われているが、浦和では3バックの一角を担っており「SB」という印象はもはや強くない。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161008-00019487-sdigestw-socc

▼続きを読む▼

豪メディアがビビる日本戦の要注意人物は“アジアNo.1の天才” はてなブックマーク - 豪メディアがビビる日本戦の要注意人物は“アジアNo.1の天才”

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: イコ ★@無断転載は禁止 2016/10/09(日) 00:53:46.96 ID:CAP_USER9
豪メディアがビビる日本戦の要注意人物は"アジアNo.1の天才"「日本は本田良ければ全て良しだ」

日本はこの大一番を白星で飾れるか

ヴァヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は11日、メルボルンでオーストラリア代表とロシアW杯アジア最終予選に臨む。この試合に先駆け、豪メディアが日本の"要注意人物"について言及している。泣いても笑ってもロシア大会へのストレートインを果たせるのはグループ上位2ヶ国だけだ。6日のイラク戦を勝利で終えた日本は、現在グループBで勝ち点6の4位に位置しており、なんとしてでも首位を陣取るオーストラリアを引きずり下ろす必要がある。アジアでもピカイチのタレントを抱える両国の対戦はこれまでにも多くのドラマを生み、激戦となることは必至だ。"アジア版クラシコ"ともいうべき大決戦を前に、オーストラリアの『FOOTBALL AUSTRALIA』がハリルジャパンについて次のように言及している。「サムライブルーは過去のW杯予選においてはオーストラリアの地で勝利を挙げたことがないものの、今回は絶好のチャンスとなるかもしれない。最新のFIFAランクでは日本はアジアで6番目というやや意外な位置にいる。アンラッキーなUAE戦での敗北がプレッシャーとなったが、タイとイラクに勝利したことで再びそれは緩和された。日本代表における唯一の問題は本田圭佑や香川真司、長友佑都、岡崎慎司、そして吉田麻也といった花形スターたちがクラブでほぼ試合に出ていないという点だ」ミランの本田らを含む代表の主力選手が所属クラブでベンチ生活を送っていることを指摘した同メディアだが、同時に最も警戒すべき"キープレイヤー"としてもミランの10番を挙げている。「アジアでNo.1の天才である本田圭佑がここまでのシーズンをほぼミランのベンチで過ごしていることは、オーストラリアにとって吉と出るか、それとも凶と出るか。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://www.theworldmagazine.jp/20161008/02national_team/japan/91128

▼続きを読む▼
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
ヌルポあんてな
Facebookで更新情報を受け取る
逆アクセスランキング
相互RSS、記事削除要請など

名前
メール
本文
お知らせ
アクセスランキング
相互RSS募集中です → このブログについて