footballnet【サッカーまとめ】

就任前からハリルホジッチ監督の危うさは分かっていたはずだ! はてなブックマーク - 就任前からハリルホジッチ監督の危うさは分かっていたはずだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/08(木) 12:54:35.32 ID:CAP_USER9
■ボスニア人指揮官は日本の欠点を修正できていない

 昨年3月、ヴァイッド・ハリルホジッチが日本代表監督に就任した時のことだった。

 もう忘れられているかもしれないが、日本国内では一定の人気で迎えられていた。弁舌家であることは一目瞭然。イビチャ・オシムの時のように、「言葉の魔術」が期待されたのだろう。

 その一方、「戦術への挑戦状」(東邦出版)の共著者で、「ワールドサッカーダイジェスト」で20年近く連載を続けるスペイン人記者ヘスス・スアレスが、2014年のブラジル・ワールドカップでハリルホジッチが率いたアルジェリアを分析し、面白いことを書いていた。

「アルジェリアは競争力の高いチームで、実にアグレッシブだった。しかし、はっきりと弱点が見えた。意欲(インテンシティー)が空回りし、制御できず、攻守のバランスがひどく悪かった」

「前へのスピードばかりを追い続けた結果、守備の穴がたくさんできていた。相手のカウンターに3、4人で対応する状態であり、得点はできても、失点も多いチームだった。勝ち進むための戦術が浸透していなかったと言える」

 それは、適切な指摘だった。
続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160908-00010000-sdigestw-socc

▼続きを読む▼
スポンサードリンク

<1年でのJ1復帰へ>現在5位の清水エスパルスが声明文発表!「12試合に全てをぶつける」 はてなブックマーク - <1年でのJ1復帰へ>現在5位の清水エスパルスが声明文発表!「12試合に全てをぶつける」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/08(木) 00:01:12.08 ID:CAP_USER9
清水エスパルスは6日、「ファン・サポーターの皆様へ(リーグ終盤戦に向けて)」と題した声明文を公式HPに掲載した。

昨シーズンの明治安田生命J1リーグで17位に終わり、クラブ史上初のJ2降格となった清水。今シーズンは明治安田生命J2リーグ第30節を終えて14勝9分け7敗、勝ち点51で5位につけている。J1昇格プレーオフ圏内には位置しているが、自動昇格を果たすためには勝ち点差「6」で2位の松本山雅FCを上回らなければならない。次節は11日、モンテディオ山形をホームに迎える。

今回の声明文は株式会社エスパルスの代表取締役社長を務める左伴繁雄氏の署名入りで掲載された。残り12試合へ向けて、同氏は以下のように記している。

「日頃よりエスパルスを応援いただき、厚く御礼申し上げます。J2カテゴリーでのシーズンスタートとなったにも関わらず、スタジアムにはJ1の時と変わらぬ多くの方々にお運び戴き、加えて力強い応援をいただき、毎試合本当に深く深く 感謝しながら戦っております。特に、遠方の多いJ2のアウェーにも、時には先方クラブのゴール裏よりも明らかに 多くのサポーターの皆様が、相手をも凌ぐ大きな応援で、さながらホームスタジアムのような雰囲気を作り出していただいておりますことには、不覚にも目頭が熱くなる試合も少なくなく、何が何でも半端な試合はできないとの思いで戦うことができております。

あらためまして、エスパルスを応援していただいておりますファン、サポーターの皆様、そして日本の何処よりも古くからサッカーと深く関わって来られた清水、静岡の地に住を置く皆様の底知れぬサッカーにかけるエネルギー、愛情をしっかりと胸に刻み、残り3分の1となりました終盤戦を戦い抜いて参る所存です」
続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160907-00490389-soccerk-socc

▼続きを読む▼

MF山口蛍、タイ戦でスタメンに抜擢され、自分の仕事を完遂!「ボールを取りに行くところを求められていた」 はてなブックマーク - MF山口蛍、タイ戦でスタメンに抜擢され、自分の仕事を完遂!「ボールを取りに行くところを求められていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/09/08(木) 07:08:23.71 ID:CAP_USER9
「ボールを取りに行くところを求められていたので、すごく意識してやりました」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0-2 日本/9月6日/バンコク

 タイ戦でスタメンに抜擢された山口が、自分の仕事を完遂した。

「初戦に負けていたので、今日はどんな形でも勝点3が大事だった。最後に苦しい時間帯もありましたけど、全員で守って勝点3を取れてよかった」
 
 チームはフィニッシュの精度を欠いて多くのチャンスを逃したものの、守備では無失点に抑えて2-0。9月1日のUAE戦に敗れて黒星スタートとなった嫌な雰囲気を払しょくする勝ち星を得た。ボランチとして出場した山口は、素早く攻守を切り替えて高い位置からプレッシャーをかけ、カウンターの芽を徹底的に潰した。
続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160907-00018694-sdigestw-socc

▼続きを読む▼

ハリル、残り8戦対戦国ごとに「スペシャリスト」招集 変幻自在起用でW杯切符つかむ はてなブックマーク - ハリル、残り8戦対戦国ごとに「スペシャリスト」招集 変幻自在起用でW杯切符つかむ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2016/09/08(木) 06:08:23.02 ID:CAP_USER9
敵地で勝ち点3を獲得し日本に戻ったハリルホジッチ監督

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)がアジア最終予選突破へ向け、残り8試合で"スペシャリスト"の招集を検討していることが7日、分かった。日本サッカー協会によると、対戦国によって有効な特性のある選手の招集枠を複数設ける方針。日本代表はアジア最終予選のタイ戦(バンコク)後、現地で解散。欧州組はそれぞれの所属クラブへ向かい、国内組は中部国際空港着の航空機で帰国した。

ハリル監督が変幻自在の選考でW杯切符をもぎ取る。悪夢の黒星発進から迎えたタイ戦は、最終予選初先発のFW浅野が自慢のスピードを生かして得点を挙げた。今後の選手選考について、日本協会幹部は「(10月の)イラク、オーストラリアと勝つには、どの23人が必要か考える」と明かした。予備登録の89人から対戦国ごとに有効な"スペシャリスト枠"に複数入れて、勝ち抜くプランを温めている。

10月6日、ホームで迎え撃つイラクにはボールを支配できる公算が大きい。守備を固める相手に有効なのはMF中村憲剛(35)が持つ高い精度のラストパスや、FW大久保嘉人(34)=ともに川崎=の高い決定力だ。

続く、同組最大のライバルと目されるオーストラリアは大柄な体格を生かしたサッカーが持ち味。そこには194センチの長身FWハーフナー・マイク(29)=デン・ハーグ=、高さと強さに絶対の自信を持つDF植田直通(21)=鹿島=をぶつける。もしくは苦手なスピード勝負に持ち込むため、FW宮市亮(23)=ザンクトパウリ=のようなスピードスターを準備する。
続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160908-00000009-sph-socc

▼続きを読む▼

定期的に現われる”悪い時の香川” 相性が良いのは本田よりも… はてなブックマーク - 定期的に現われる”悪い時の香川” 相性が良いのは本田よりも…

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 第四期次席φ ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/09/07(水) 21:38:26.54 ID:CAP_USER9
定期的に現われる"悪い時の香川" 相性が良いのは本田よりも…

9月6日のワールドカップ最終予選・タイ戦では、上手くいかない時の香川真司に見られる典型的な"様子"があった。
 
"やめて、やめて、結局リズムが詰まってしまう"

特に前半、原口元気や酒井高徳らがスペースへの動き出しを見せた時、通らないと感じたのか、香川はパスを出すのをやめて、別の選択肢を探すシーンが目立った。やめて、やめて、次の選択肢を探すうちに行き詰まる。ハリルホジッチ、ベンチで激昂。
 
プレーをやめることができるのは、巧い選手だからこそ。失敗しそうだと察するから、途中でプレーを変えられる。ところが下手な選手は、最初の判断ありき。エイヤッとやり切って、豪快にミスをする。
 
判断の柔軟性と、プレーの思い切りは紙一重なところはあるが、香川はうまく消化できず、落とし穴にはまりやすい。調子が悪い時は、いつもそうだ。
 
ドルトムントで、日本代表で、というよりも、こうした香川は定期的に現れる。
 
本田圭佑にその傾向はないが、これは球際のキープ力も関係している。本田は自分の時間を自由に作る能力があるが、寄せられると苦しくなる香川は、それができない。調子が良い時はスパッとかわすが、プレッシャーの大きい試合では、相手に追い詰められながらバックパスに逃げるなど、状況を悪化させる選択肢に陥りがちだ。
続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160907-00018721-sdigestw-socc

▼続きを読む▼

香川、結果出せず悲壮感…「日々やり続けるしかない」 はてなブックマーク - 香川、結果出せず悲壮感…「日々やり続けるしかない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2016/09/08(木) 07:02:00.77 ID:CAP_USER9
スポニチアネックス 9月8日(木)7時0分配信

香川 結果出せず悲壮感…「日々やり続けるしかない」

<タイ・日本>記者の質問にこたえる香川(左)

 ◇W杯アジア最終予選B組 日本2―0タイ(2016年9月6日 ラジャマンガラスタジアム)

 香川は所属クラブで結果を出し、日本代表でも輝きを取り戻す。UAE戦、タイ戦ともにフル出場するも、得点はなし。同じトップ下でプレーするドルトムントでは完全な主軸。

 背番号10は「代表とクラブでは違う。割り切らないと」と強調した上で「日々やり続けるしかない」と悲壮感たっぷりに日本代表での復活を誓った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160908-00000016-spnannex-socc

▼続きを読む▼

ハリル監督、日本人参謀を熱望!苦戦2戦で“パイプ役”の重要性痛感 はてなブックマーク - ハリル監督、日本人参謀を熱望!苦戦2戦で“パイプ役”の重要性痛感

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/09/08(木) 07:37:36.93 ID:CAP_USER9
◇W杯アジア最終予選B組 日本2―0タイ(2016年9月6日 ラジャマンガラスタジアム)

 日本代表はタイ戦から一夜明けた7日、本隊が中部国際空港着の航空機で帰国した。W杯アジア最終予選最初の2試合を終えて1勝1敗。苦難のスタートを受け、バヒド・ハリルホジッチ監督(64)は選手のパイプ役となる日本人コーチの重要性を痛感。リオデジャネイロ五輪で日本を率いた手倉森誠氏(48)と8日に話し合いを持ち、コーチ復帰の可能性を探るが、霜田正浩ナショナルチームダイレクター(ND=49)がコーチに就任する可能性も浮上している。

 解任危機を脱したハリルホジッチ監督が、チームの強化を加速させるために動く。リオ五輪で日本を指揮した手倉森氏と、8日に都内で会談。元A代表コーチで、昨年11月から五輪代表に専念した同氏と2人で話し合い、コーチ復帰の可能性を探る。西野技術委員長は「監督に、チームに戻ってきてほしいという思いがなければ、2人の話し合いは持たないと思う。サッカー観とか現状について話し合ってもらい(正式要請は)それからです」と語った。
続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160908-00000065-spnannex-socc

▼続きを読む▼
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
ヌルポあんてな
Facebookで更新情報を受け取る
逆アクセスランキング
相互RSS、記事削除要請など

名前
メール
本文
お知らせ
アクセスランキング
相互RSS募集中です → このブログについて