footballnet【サッカーまとめ】

本田圭佑、放出要員からACミランの大黒柱へ…なぜ復活できた? はてなブックマーク - 本田圭佑、放出要員からACミランの大黒柱へ…なぜ復活できた?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 12:05:02.350516 ID:CAP_USER*.net
日本のエースはなぜ復活できたのか。イタリア1部リーグのACミランに所属する日本代表FW本田圭佑(29)は昨年9月末にスタメンを外れると“ご法度”のチーム批判を展開。

不満分子として放出候補に格下げされるなか、絶体絶命の危機を乗り越えて、チームの要に復権した。その理由について元日本代表MF前園真聖氏(42)が迫った。

【前園真聖「ゾノの焦点」】本田は昨年9月末から先発で起用されなくなりました。パフォーマンスがよくないなかで、試合に出られない焦りもあってか、チームメートや監督方針、クラブ戦略を過激に批判。

同僚や指揮官の信頼を完全に失いました。地元メディアからも徹底糾弾されて、放出確実との報道も多く見られました。

それでも本田は昨年12月20日にスタメン復帰すると、ここまで10試合連続の先発出場。ゴールこそありませんが、好パフォーマンスを発揮し、低迷していたチームを浮上させる原動力となっています。

恒例だったサポーターからの大ブーイングも消えつつあり、シニシャ・ミハイロビッチ監督(46)の信頼を取り戻しました。

なぜ本田は復活できたのでしょうか。これまで「結果を出さないといけない」という重圧のためエゴイスティックなプレーが多く、強引に仕掛けてはボールを失い、攻撃の流れを断ち切るなど、自己中心的でした。ところが、先発落ちで窮地に立たされた本田は、チームに不在だったバランスを取る役割に活路を求めました。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00000006-tospoweb-socc

▼続きを読む▼
スポンサードリンク

長友「ユナイテッドからのオファーは断りました」 はてなブックマーク - 長友「ユナイテッドからのオファーは断りました」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 10:31:22.674861 ID:CAP_USER*.net
「インテル大好き」長友、ユナイテッドのオファーを断ったと認める 引退後もイタリアに?

インテル愛を貫く長友

インテルDF長友佑都が11日、クラブ公式チャンネルやインテル専門サイト『FcInterNews.it』のインタビューで、インテル愛を強調した。マンチェスター・ユナイテッドからのオファーを断ったとも認めている。

今季でインテルとの契約が満了となる長友は、1月にユナイテッドなどのオファーを断って残留したと報じられたところだ。インテルとの契約延長が近いとされる長友は、次のように明かしている。『FcInterNews.it』が伝えた。

「僕はインテルのすべてが好きです。ここに残りたいと思っています。ユナイテッドからのオファーは断りました。ここに残るのが希望です」
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00000037-goal-socc

▼続きを読む▼

三浦カズが神対応、長蛇のファン350人に即席サイン会 はてなブックマーク - 三浦カズが神対応、長蛇のファン350人に即席サイン会

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: シャチ ★@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 20:53:35.09 ID:CAP_USER*.net
日刊スポーツ 2月11日(木)19時31分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160211-00000104-nksports-socc
J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(48)が、カズフィーバーに“神対応”を見せた。11日、宮崎・日南キャンプで行われた韓国Kリーグ2部大田との練習試合(45分×3本)に出場。カズは3本目に出場し、試合は0-1で敗れた。

会場には祝日とあってカズを目当てに多くのファンが訪れた。試合後にはサインを希望する長蛇の列が、スタンド沿いにズラリ。約350人全員にサインを書ききって「いい(クール)ダウンだよ」と笑顔を見せた。

画像 練習試合後、奥まで続く長蛇の列全員にサインをするFWカズ(手前左)(撮影・栗田成芳)
no title

▼続きを読む▼

香川ピンチ “サブ降格”で蘇るマンU時代の悪夢 はてなブックマーク - 香川ピンチ “サブ降格”で蘇るマンU時代の悪夢

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 17:45:47.90 ID:CAP_USER*.net
ドイツ1部リーグ、ドルトムントの日本代表MF香川真司(26)の“サブ降格”が波紋を広げそうだ。0―0で引き分けた6日のヘルタ戦でベンチ外。9日に3―1で勝利したドイツカップ準々決勝シュツットガルト戦では後半42分から出場と先発落ちが続いている。

トーマス・トゥヘル監督(42)は、日本人MFの降格について、ケガやターンオーバー制、懲罰説を否定した上で「現時点でのベストメンバー」と主張。戦術的な理由を説明し「シンジと話をした。こういった決断も試合の一部」とし、あくまでパフォーマンスの問題と強調した。

ドルトムントでは負傷していたトルコ代表MFヌリ・シャヒン(27)やドイツ代表MFスベン・ベンダー(26)ら実力者が復帰間近で、チーム内競争の激化は必至。指揮官も「(GKを除く試合メンバーを)16人しか選べないのは難しい」と話し、今後も香川を重用しない方針を示唆した。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/505220/
2016年02月11日 17時00分

▼続きを読む▼

日本サッカーにも「ウイング」の育成と台頭を望みたい はてなブックマーク - 日本サッカーにも「ウイング」の育成と台頭を望みたい

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 18:41:13.66 ID:CAP_USER*.net
メッシは今もバルサで学んだ「ウイング理論」を実践している。昨今、日本サッカー界では空前のポゼッション信仰が巻き起こっていたが(今はその熱がすっかり冷めかけている)、“ボールをつなぐためのつなぎ”になってしまう傾向も強かった。最終ラインで振り子のような曲線を描いてボールをつなぐだけ。それはポゼッションとは呼べない代物だった。ポゼッションをポゼッションとして完成させるために足りなかったのは、ウイングというポジションだろう。

「ウイングなしではフットボールは成り立たない」バルセロナの基礎を築いたかのヨハン・クライフはその重要性を説いている。1988年に監督に就任したクライフのテコ入れがバックボーンとなって、バルサが生んだ集大成的な選手が、なにを隠そうリオネル・メッシだった。
 
いまやメッシはウイングという枠を逸脱した全知全能のアタッカーになったが、「サイドでプレーすることでチームに幅を与える。また、一人で仕掛けることによって敵の守備網にダメージを与えつつ、中央の攻撃を有効にする」というバルサのカンテラで叩き込まれたウイングの基本理念と役目を、今も実践している。
 
どんなにボールスキルの高い選手を揃えて、高速パスをつなぎ続けても、回すだけでは相手のプレッシングにどこかではめられてしまう。それを打開するには、ギリギリまでピッチの横幅を使い、ボールを持って仕掛けることで敵の守備陣形を撓ませ、さらに中央の攻撃を活性化させる、というウイングが担うプレーが不可欠となる。横の揺さぶりがあってこそ、相手も対応に苦慮するのだ。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160211-00010004-sdigestw-socc&p=2

▼続きを読む▼

ベルルスコーニ会長就任30周年!名門ACミランに名を刻む名手トップ10発表 そこに本田の名前は… はてなブックマーク - ベルルスコーニ会長就任30周年!名門ACミランに名を刻む名手トップ10発表 そこに本田の名前は…

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 15:36:22.54 ID:CAP_USER*.net
イタリアサイト企画  1位はオランダの天才ストライカー
 
ACミランのシルビオ・ベルルスコーニ会長が1986年2月10日にクラブを買収して以来、30年の月日が流れた。その後ミランには多くの名手が所属し、黄金期を築き上げてきた。イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」は、名物オーナーが獲得した歴代の名手トップ10を特集している。

ミランの外国人選手として歴史に残っているのが、1980年代後半から90年代前半にかけて活躍した「オランダトリオ」だ。FWマルコ・ファン・バステン、FWルート・フリット、MFフランク・ライカールトの3人は、ミランの象徴とまで言われた。

1988年に欧州選手権西ドイツ(当時)大会を制した代表チームでの実績もさることながら、トヨタカップ(現FIFAクラブワールドカップ)2度の優勝を果たしたミランでの印象が強い。ランキング上では、天才ストライカー、ファン・バステンが栄光の1位、司令塔フリットが4位、超万能型の名手、ライカールトが6位とされた。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
Soccer Magazine ZONE web 2月11日(木)14時20分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160211-00010006-soccermzw-socc&p=2
ACミラン日本語公式HP
http://www.acmilan.com/jp
ミラン、本田を売れない? 放出候補から一転、今では必要不可欠な存在に!
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1455163851/

▼続きを読む▼

リオでのノルマはメダル獲得!とセルジオ越後「オーバーエイジ枠は絶対に必要。見たいのは岡崎、青山、吉田の3人」 はてなブックマーク - リオでのノルマはメダル獲得!とセルジオ越後「オーバーエイジ枠は絶対に必要。見たいのは岡崎、青山、吉田の3人」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 11:26:00.26 ID:CAP_USER*.net
男子のU-23日本代表がリオデジャネイロ五輪出場を決めた。しかも、単に出場権を獲得しただけでなく、優勝という最高の結果を残し、2016年早々、日本サッカーを大いに盛り上げてくれた。

この世代は今までずっと「弱い」「勝てない」と言われてきて、悔しい気持ちもあったはず。見事に見返してくれたね。選手、監督、スタッフには心からおめでとうと言いたい。

個人的にも、これで14年のブラジルW杯に続いての現地観戦に踏ん切りがついた。年齢的にブラジルで大きな大会を見られるのは最後かもしれないし、今から楽しみだよ。

ただ、「勝って兜(かぶと)の緒を締めよ」ということわざがあるように反省も忘れてはいけない。確かに、結果は最高だった。でも内容はどうか。劇的で感動する試合が多かったということは、裏を返せばそれだけ危ない試合が多かったということ。相手を圧倒するような強いサッカーは見せられなかった。

しっかり守備を固めて、速い攻めを狙う。むしろ“弱者のサッカー”だね。同じく五輪出場権を獲得した韓国、イラクと比べると組織力で勝っていたものの個の能力では見劣りした。

実際、韓国戦では後半15分過ぎくらいまでは“鬼回し”(プレスをかけても、ダイレクトパスなどで簡単にボールをつながれること)された。また、優勝したのに「すぐにA代表で見たい」と思わせる選手も見当たらなかった。そもそも、この世代は所属クラブでスタメンじゃない選手も多い。

そういう意味で、選手個々のレベルアップは今後の大きな課題だね。「(大会を通して)成長した」と語る選手も多かったけど、だったらそれをJリーグで見せなければいけない。韓国戦で2点を奪った浅野も広島では佐藤のサブだし、MVPの中島も昨季はFC東京であまり出場機会を得られなかった。主将の遠藤にしても新天地の浦和ではどうなるかわからない。今大会の登録メンバーは23人。でも、五輪本大会は18人。さらに23歳以上のオーバーエイジ(OA)枠3人を使うことになれば、リオ行きはぐっと狭き門になる。

現時点で安泰といえる選手はひとりもいない。これから熾烈(しれつ)なサバイバルが始まるわけで、ぜひ選手たちには奮起を期待したい。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160211-00060655-playboyz-spo
週プレNEWS 2月11日(木)11時0分配信
http://www.securite.jp/radio/wp-content/uploads/2010/09/20070524_348107.jpg

▼続きを読む▼
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
ヌルポあんてな
Facebookで更新情報を受け取る
逆アクセスランキング
相互RSS、記事削除要請など

名前
メール
本文
お知らせ
アクセスランキング
相互RSS募集中です → このブログについて