footballnet【サッカーまとめ】

<Jリーグ>25日に行われた観客動員数26万6244人!さらなる成長を期して改革!1ステージ制に回帰、外国人枠拡大案 はてなブックマーク - <Jリーグ>25日に行われた観客動員数26万6244人!さらなる成長を期して改革!1ステージ制に回帰、外国人枠拡大案

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/09/27(火) 10:48:36.62 ID:CAP_USER9
Jリーグがシーズンの大詰めを迎えている。

25日には天皇杯の日程調整の関係もあって、J1・全9試合、J2・10試合、J3・全8試合の計27試合が一気に行われ (J2の札幌―町田戦のみ26日に開催)。そしてその多くが重要な意味を持つ試合だった。

● 激しい優勝争い・残留争いで ヒートアップするJリーグ終盤

J1は浦和と川崎が年間順位で3位以上を確定し、チャンピオンシップ進出を決めた。浦和は広島を相手に3-0と快勝して決めたが川崎は後半アディショナルタイムに横浜Fマリノスに2点を入れられて追いつかれ、最後の最後で決勝点をもぎ取る薄氷の勝利。

今のJ1で優勝争いをするのは、どれだけ大変なことかを見せつけられた試合だった。

チャンピオンシップへの進出クラブ決定方式は複雑でわかりにくい。規定では年間順位の1位から3位までと、第1ステージと第2ステージの優勝クラブの最大5クラブが進出できることになっているが、同一クラブが年間順位3位以内とステージ優勝の2条件を満たしていれば進出数は少なくなる。

現在、第2ステージの1位が浦和、2位は川崎。現状のままなら浦和、川崎、鹿島(第1ステージ優勝+年間3位)の3クラブでのチャンピオンシップになるが、第2ステージは3位のガンバ大阪、4位の神戸、5位の柏あたりまで優勝の目があり、今後の結果次第では4クラブによるチャンピオンシップの可能性もある。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160927-00102975-diamond-soci&p=1

▼続きを読む▼
スポンサードリンク

武田修宏氏が分析!「香川はなぜハリルジャパンで輝けないのか」 はてなブックマーク - 武田修宏氏が分析!「香川はなぜハリルジャパンで輝けないのか」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/09/27(火) 10:37:38.66 ID:CAP_USER9
日本の10番は再起できるのか。ロシアW杯アジア最終予選を戦う日本代表はホームでの初戦UAE戦で敗れるなど、先行きが不安視されている。中でもC大阪出身で日本のエースナンバー10を背負うMF香川真司(27=ドルトムント)は期待されながらも低調なパフォーマンスが続いている。誰もが認める実力を持ちながら、日本代表では真価を発揮できない理由について、元日本代表FW武田修宏氏(49=本紙評論家)が徹底分析した。

 ――昨季ドイツで公式戦13ゴールを挙げた

 武田:香川は技術力も高いし、中盤で常にギャップをつくり出せる存在だから重宝される。チーム戦術的にも仕掛けたり、切り込む役割なので、やることも明確。香川は組織の中で生かされているし、周りも生かすようにプレーしているから、持ち味が出せている。

 ――だが、日本代表では低迷している

 武田:確かに。あんまり活躍はできていないね。結論から言っちゃうと(バヒド)ハリルホジッチ監督(64)の戦い方と香川のスタイルが合っていないんだよ。(前日本代表監督のハビエル)アギーレさん(57)のときも香川は合っていなかったけど、彼のやりたいプレーとチーム戦術がマッチしないから、力を発揮できないってわけ。
続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000005-tospoweb-socc

▼続きを読む▼

<日本代表>ハリル後任に“第4の男” CS進出の川崎フロンターレ・風間監督が急浮上! はてなブックマーク - <日本代表>ハリル後任に“第4の男” CS進出の川崎フロンターレ・風間監督が急浮上!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/09/27(火) 10:29:34.05 ID:CAP_USER9
ロシアW杯アジア最終予選初戦のUAE戦(9月1日)を落とした日本代表。6日の2戦目タイ戦に勝てなかったらハリルホジッチ監督解任騒ぎが勃発するところだったが、それでも2―0の勝利で「首の皮一枚残った」(サッカー記者)。しかし、10月6日の3戦目イラク戦、11日の4戦目オーストラリア戦が不発に終われば、今度こそスパッと切られる可能性は大きいともっぱらだ。

そこでポスト・ハリルの名前として現日本代表コーチの手倉森誠・前五輪監督(48)、広島を率いてJ優勝3回を誇る森保一監督(48)、14年Jリーグを制した長谷川健太G大阪監督(51)が取り沙汰されているが、ここに来て「第4の男」が急浮上してきた。25日の横浜M戦を終了間際の劇的決勝弾でモノにして年間総合順位1位をキープ、Jリーグ王者を決めるチャンピオンシップ(CS)戦出場資格の年間順位3位以内を「初めて確定させた」川崎の風間八宏監督(54)のことである。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-00000014-nkgendai-socc

写真
no title

▼続きを読む▼

<日本代表>4人の識者が裁決!日本は本当に弱くなったのか? はてなブックマーク - <日本代表>4人の識者が裁決!日本は本当に弱くなったのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/27(火) 11:22:44.08 ID:CAP_USER9
10月のワールドカップ・アジア最終予選が近づいてきたが、ここで問いたいのは「日本は本当に弱くなったのか?」だ。2015年1月のアジアカップを比較対象に、ここまでのハリルジャパンの歩みについて、4人の識者に裁決を仰いだ。
 
■識者1 熊崎 敬氏の回答
Q:日本は本当に弱くなっているのか? A:はい
 
アギーレ体制で臨んだアジアカップでは、4試合連続で同じスタメンが起用され、最後に足が止まった。あの頃に比べると、選手層は厚みを増していると思う。
 
もっとも、方向性としては退歩した印象が否めない。アギーレはピッチの幅を生かし、 選手が適度な距離を保ったプレーを推進。志半ばで退任したが、そのスタイルはピッチ上でそれなりに表現され、論理的にも説得力があった。だがハリルホジッチが監督に就任して、目指すべき方向性が曖昧になった。
 
振り返ればハリルホジッチ監督は就任直後、縦に速いサッカーを打ち出した。理に適って はいるが、実際には形になっていない。むしろ最近は日本の悪しき伝統が蘇っている。本田や香川が中央に集まることで発生する、車線の少ない「大渋滞サッカー」だ。中央突破に固執して実りのない90分を過ごしたUAE戦は、南アフリカ大会前の、にっちもさっちもいかなくなった岡田ジャパンと重なる。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160927-00019109-sdigestw-socc&p=1





 



▼続きを読む▼

「中村のゴールが決まった夜に歴史は終わった」 UEFA公式サイトがマンU戦“伝説の一撃”を懐古 はてなブックマーク - 「中村のゴールが決まった夜に歴史は終わった」 UEFA公式サイトがマンU戦“伝説の一撃”を懐古

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/09/26(月) 23:00:19.63 ID:CAP_USER9
UEFA公式サイトが28日のCLを前に"スコットランド勢対イングランド勢対決"を特集

セルティックは28日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節で強豪マンチェスター・シティを本拠地セルティック・パークに迎える。英国勢対決を前にUEFA公式サイトは、特集でスコットランド勢対イングランド勢対決にスポットを当て、今から10年前にセルティックで活躍した横浜F・マリノスの元日本代表MF中村俊輔の伝説について紹介している。

CLの前身であるチャンピオンズカップでの優勝経験を持つ中村の古巣セルティックだが、近年は欧州の舞台で存在感が希薄となっていた。今季も3大会ぶりに本戦出場を果たしたが、初戦ではバルセロナに0-7と歴史的な大敗を喫している。

特集では「スコットランド勢とイングランド勢の対戦でどんな事が起きているのか?」として、過去の欧州カップ戦における両国クラブの対戦成績を紹介している。

通算40度の対戦で、スコットランド勢から見て14勝11分15敗とほぼ互角。しかし、直近の10年で比べるとイングランドのクラブが6勝4分と上回る。そして、最後にスコットランド勢が勝利を挙げたのが、06-07シーズンのCLセルティック対ユナイテッドだ。サッカーファンであれば、この一戦にピンとくる人は多いだろう。ピッチで最も喝采を受けたのは、日本が誇るファンタジスタだった。

2006年11月21日のグループステージ第5節。敵地オールド・トラッフォードで鮮烈なFKを決めていた中村は、ホーム戦でも先発出場。そして後半36分、中村が鮮やかなシュートを突き刺す。ゴール右寄り、約30メートルの位置で獲得した直接FKのチャンス。中村が左足を振り抜くと、ゴール右上隅に芸術的な一撃を叩き込んだ。このゴールが決勝点となり、セルティックは史上初のCLベスト16入りを果たした。

記事では中村の活躍に触れつつ、当時はイングランドとスコットランドの立場が異なっていたと指摘している。「中村のゴールが決まった夜に歴史は終わった。その時点では、イングランドの9勝に対して、スコットランド勢が11勝と良い成績を残していた」と、日本の天才レフティーの活躍を伝えつつ、スコットランド優位の時代を懐古している。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160926-00010021-soccermzw-socc&p=2

▼続きを読む▼

日本代表 9月の最終予選ではノーゴール…。香川をスタメンから外すべきか? はてなブックマーク - 日本代表 9月の最終予選ではノーゴール…。香川をスタメンから外すべきか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/09/27(火) 07:20:44.70 ID:CAP_USER9
競争原理を働かせるなら今が〝英断?の時か。

エースナンバー「10」を背負っているからでもあるだろう。9月のワールドカップ・アジア最終予選で結果を残せなかった香川への風当たりが、以前にも増して強くなっている印象だ。果たして、このテクニシャンをスタメンから外すべきなのか? サッカーダイジェストの代表担当4人がジャッジする。
 
回答1:スタメンから外すべき!

文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)

低調に終わった9月シリーズの出来が続くようであれば、迷わずベンチに置くべきだろう。
 
理由は単純明快。香川を〝アンタッチャブル?な存在にしてしまうと、健全な競争原理が働かないからだ。最近、知人から「なんで香川は代表だと輝けないの?」と問われる回数が増えた。もちろん、過去に輝いた試合がないわけではないが、エースナンバーを背負う男は、すべての人を納得させるパフォーマンスを見せているだろうか? 少なくとも、今の彼はそうではない。
 
ハリルホジッチ監督は今年3月のメンバー発表の際、「真司にスタメンの座は約束されていない」というニュアンスの発言をしている。そのスタンスは貫くべきだし、国を背負って戦う代表の舞台では、ネームバリューや実績ではなく、調子の良い選手、結果を残している選手が優先 的に使われるのが必然だ。
 
対抗馬として名前が挙がる清武は、 「(香川と)ポジションを争っているつもりはない」と話す一方で、「トップ下でどうプレーするか」にはこだわりを見せている。6月のボスニア・ヘルツェゴビナ戦では、故障欠場の香川に代わってトップ下に入り、攻撃を牽引した。9月のUAE戦のように、トップ下とウイングでふた りを同時起用するのも手だが、もっとライバル関係を煽ってもいいはずだ
(ウイングは清武ではなく、カットインや裏への抜け出しができる宇佐美や原口がベターだと思う)。
 
香川は〝ボールプレーヤー?であり、ボールに触れることでリズムを掴む。パスが受けにくいトップ下で起用された場合は、それが難しい。もし香川ありきのチーム作りでスタメンにこだわるならば、システムやポジション変更を視野に入れたほうがいい。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160927-00019110-sdigestw-socc
SOCCER DIGEST Web 9月27日(火)7時0分配信

▼続きを読む▼

LAギャラクシーが日本で初のトライアウトを実施「日本人選手はMLSに非常にフィットする」 はてなブックマーク - LAギャラクシーが日本で初のトライアウトを実施「日本人選手はMLSに非常にフィットする」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/09/26(月) 18:02:08.90 ID:CAP_USER9
スティーブン・ジェラードやアシュリー・コール、ジオバニ・ドス・サントス、ロビー・キーンといったスター選手が所属するロサンゼルス(LA)・ギャラクシー。かつてはデイビッド・ベッカムもプレーし、MLS優勝最多5回を数える強豪が12月15日と16日の2日間、千葉・フクダ電子スクエアで17歳~25歳までの選手を対象としたオープントライアウトを行う。MLSのクラブが日本でトライアウトを行うのは初めて。

今回のトライアウトは、USL(ユナイテッドサッカーリーグ)の2017シーズンに向け、若手主体で構成されるLAギャラクシーのセカンドチーム「LAギャラクシーII」の選手発掘を目的としている。カート・オナルフォ監督をはじめ、アシスタントコーチのロブ・ベセラ氏、ユース育成スカウトらが来日し、選考にあたるという。

今季、MLS(メジャーリーグサッカー)所属のクラブでプレーする日本人選手は、ニューイングランド・レボリューションの小林大悟、バンクーバー・ホワイトキャップスの工藤壮人、トロントFCの遠藤翼、そして小林のチームメートで、ハイチ人の父親と日本人の母親を持ち、アンダーカテゴリーでハイチ代表にも選ばれているザクリー・エリボの4人。初めて日本でトライアウトを行う理由について、ブランド・ファン開発マネージャーのザック・ウェルズ氏は「日本人選手の素質はUSL、最終的にはMLSに非常にフィットすると考える。MLSで何人かの日本人選手を見てきたが、彼らのテクニック、組織的な戦術理解、機敏さなどに対し、非常に好感を持っている」と語る。

応募要項など詳細は以下を参照のこと。
http://www.lagalaxy.com/tryouts/japan
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000101-spnavi-socc

▼続きを読む▼
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
ヌルポあんてな
Facebookで更新情報を受け取る
逆アクセスランキング
相互RSS、記事削除要請など

名前
メール
本文
お知らせ
アクセスランキング
相互RSS募集中です → このブログについて