footballnet【サッカーまとめ】

インテル長友、記者会見で日本語を忘れる事案発生→代わりに流ちょうなイタリア語で話し「カッコ良すぎる!」と話題に はてなブックマーク - インテル長友、記者会見で日本語を忘れる事案発生→代わりに流ちょうなイタリア語で話し「カッコ良すぎる!」と話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: (゚∀゚(⊃*⊂) ★@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 14:07:29.76 ID:CAP_USER*.net
4月10日に放送されたテレビ朝日系列のスポーツ情報番組『やべっちF.C.』で放送された、イタリア1部リーグ(セリエA)、インテル・ミラノの日本代表DF・長友佑都選手の記者会見映像が話題を呼んでいる。

番組では、長友選手がインテルとの契約が3年更新された際の会見映像を紹介。長友は「もう何か月も前に僕らは・・・」と契約に至った経由を日本語で話し始めるも、途中「あの~・・・」と困った表情を浮かべる。そして「日本語で何て言うんだろう?・・・」とつぶやき、まさかの日本語を忘れてしまうという状態に。

すると横から「イタリア語でもいいですよ!」と誰かに促されると、長友は、身振り手振りをつけながらイタリア語で「僕たちは合意していました」とスラスラと語ったのだ。思わず照れながらイタリア語で「日本語を忘れてしまったよ!(笑)」と語る長友の様子がネット上で大きな話題に。
続きはリンク先から
http://news.aol.jp/2016/04/11/nagatomoyuto/

▼続きを読む▼
スポンサードリンク

ハリルホジッチ監督「エボリューション(進化)」と喜ぶ!柏木陽介が“直電話”で異例の面談直訴 はてなブックマーク - ハリルホジッチ監督「エボリューション(進化)」と喜ぶ!柏木陽介が“直電話”で異例の面談直訴

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/14(木) 05:52:29.15 ID:CAP_USER*.net
選手からの異例の"直電話"だった。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は13日、都内でキリン杯の日程発表会見に出席し、浦和レッズのMF柏木陽介から電話があり、明日14日に都内のJFAハウスで会談することを明らかにした。

「日本代表が始まって以来、初めて選手から直接電話が来て、代表監督のオフィスにあえて彼から来ることになった」。

ハリルホジッチ監督は誇らしげに驚きの事実を明かした。日本サッカー協会の霜田正浩ナショナルチームダイレクターによると、柏木から霜田氏へ電話があり、「監督と話がしたい」という要望を受け、選手と代表監督の"特別面談"の場を急きょセッティングした。

「これもエボリューション(進化)だ。私は常に代表監督室にいるし、選手にも『ドアはいつもオープンにしてある』と言っている。これも(代表チームが)発展していっている証拠。試合でなくても、これも仕事だ」選手が自ら代表監督との面談を直訴し、自分とディスカッションするために都内のJFAハウスまで来る。
続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160413-01626353-gekisaka-socc
写真
no title

▼続きを読む▼

元浦和レッズ<FWエメルソン>Jリーグ復帰か? 柏レイソル?鹿島アントラーズ? はてなブックマーク - 元浦和レッズ<FWエメルソン>Jリーグ復帰か? 柏レイソル?鹿島アントラーズ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 20:34:05.17 ID:CAP_USER*.net
ブラジルメディアも混乱?

かつて浦和レッズに所属し、圧倒的なスピードでJリーグを席巻したFWエメルソンが日本に帰ってくる可能性が出てきた。

現在37歳のエメルソンは2015年からフラメンゴでプレイしており、42試合で11得点と2つのアシストを記録している。37歳になっても衰えない輝きを放っているエメルソンだが、そのスピードスターに柏レイソルがオファーを出したとブラジル『zona esportiva』が報じた。
続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160413-00010025-theworld-socc
写真
no title

▼続きを読む▼

ハリル監督、超警戒!アジア杯4強3チームのB組は「かなり困難」 はてなブックマーク - ハリル監督、超警戒!アジア杯4強3チームのB組は「かなり困難」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 07:09:05.46 ID:CAP_USER*.net
2018年ロシアW杯アジア最終予選組み合わせ抽選会(12日、クアラルンプール)国際サッカー連盟(FIFA)ランキング57位の日本は、W杯最終予選で同50位の豪州、同60位のサウジアラビア、同68位のアラブ首長国連邦(UAE)、同105位のイラク、同119位のタイと同じB組に入った。15年アジア杯4強の3チーム(豪州、UAE、イラク)が入り、長距離移動も含めバヒド・ハリルホジッチ監督(63)は6大会連続のW杯出場へ、警戒感を強めた。

波乱を予感させる組だ。強豪あり、難敵あり、そして長距離移動あり。クアラルンプールで行われた最終予選の組み合わせ抽選会。東京都内で中継を見ていたハリルホジッチ監督の渋い顔がすべてを物語っていた。

「(本大会の)ロシアまでのルートは、かなり困難になったと思っていい」

抽選会では2次予選を突破した12チームがFIFAランクの低い第6ポットから順にA組、B組に振り分けられた。第2ポットの日本はタイ、イラク、UAE、サウジアラビアと同じB組へ。さらにそこへ、過去のW杯予選で0勝4分け2敗と一度も勝っていない豪州が飛び込んできた。

「アジア杯で準決勝に進んだ4チーム中、3チームが同組。豪州はフィジカルが強く、もっとも困難な相手になる」

アギーレ前監督が采配を振るった2015年1月のアジア杯はイラク、UAEが4強。豪州は韓国を下して優勝を飾った。この3日間、そのときのVTRを見返していたという同監督が警戒感を強めるのも当然だ。

9月1日の初戦でホームに迎えるUAEは、アジア杯準々決勝で日本がPK戦の末に敗れた相手。指揮官は「髪の長い選手は左利きでレベルが高く、決定的な仕事をしていた」とMFのO・アブドゥルラフマンに注目。「初戦で自信がつく。リベンジを果たしたい」と語気を強めた。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160413-00000039-sanspo-socc
サンケイスポーツ 4月13日(水)7時0分配信

▼続きを読む▼

<ファン・ハール監督>3失点完敗も「今後もトッテナムよりマンUの方がビッグクラブ」 はてなブックマーク - <ファン・ハール監督>3失点完敗も「今後もトッテナムよりマンUの方がビッグクラブ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/12(火) 19:17:16.71 ID:CAP_USER*.net
現地時間10日(以下現地時間)のイングランド・プレミアリーグで、トッテナムに0対3と完敗したマンチェスターU。今季は順位上の上でもトッテナムの後塵を拝しているが、それでもマンUの方がビッグクラブであることは今後も変わらないと、ルイス・ファン・ハール監督が主張した。英『デイリー・ミラー』紙(電子版)が11日に伝えている。

トッテナムとのアウェイ戦に臨んだマンUは、70分にデル・アリに先制点を奪われると、その後立て続けにトビー・アルデルヴァイレルト、エリック・ラメラにも決められ、6分間で3失点。

そのまま敗れ、4位マンチェスターCとの勝ち点差が4に広がるとともに、2位トッテナムとの差は12ポイントにまで開いた。

2014年にトッテナムの指揮官に就任する可能性もあったというファン・ハール監督。この試合後、同クラブでの仕事を引き受けなかったことを後悔しているかと問われると、「資金力の点で、我々(マンU)は現在でも(トッテナムの)上をいく。それに、ここの方が大きなチャレンジだということを、言わなければならない」
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
ISM 4月11日(月)17時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160411-00000017-ism-socc
写真
no title

▼続きを読む▼

小島伸幸「サッカー以外でストレスが溜まりそうな韓国や中国が逆の組で良かった」「アウェーのタイ戦は要注意。私が代表の頃に1-3敗戦」 W杯最終予選 はてなブックマーク - 小島伸幸「サッカー以外でストレスが溜まりそうな韓国や中国が逆の組で良かった」「アウェーのタイ戦は要注意。私が代表の頃に1-3敗戦」 W杯最終予選

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 備長炭Z ★@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 07:58:20.20 ID:CAP_USER*.net
【小島伸幸の好セーブ】
嫌な相手は全部逆のグループに

2018年ロシアW杯アジア最終予選組み合わせ抽選会(12日、クアラルンプール)6大会連続出場を目指す日本は豪州、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、イラク、タイとのB組に入った。強豪揃いの中で出場権を得る2位以内を確保できるのか。サンケイスポーツ専属評論家の小島伸幸氏(50)は、意外な相手に要警戒マークをつけた。

くじ運はよかった。対戦したくない相手とサッカー以外にストレスがたまりそうな相手は全部、逆のグループに入った。

というのも、初めから対戦する可能性がなかった韓国や、A組の中国、今回は最終予選に残らなかった北朝鮮などは歴史的な背景があってやりづらく、日本戦では実力以上の力を出す。またイランの大観衆の前での対戦も避けられた。

だが、侮るなかれ。とくにタイとのアウェーの対戦には気をつけないといけない。私が代表GKのころ、1997年3月にタイで国際親善試合を行ったが、猛烈な暑さと湿気で苦戦し、1-3で敗れた。またサウジアラビアやUAE、イラクの中東勢は堅守速攻が持ち味。速いカウンター攻撃には注意が必要だろう。

普通に戦えば、2位以内は難しくないし、日本と豪州が1、2位になりそう。こんなところで苦戦していては駄目だ。 (サンケイスポーツ専属評論家)
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
サンスポ 2016.4.13 05:03
http://www.sanspo.com/soccer/news/20160413/jpn16041305030004-n1.html
http://www.sanspo.com/soccer/news/20160413/jpn16041305030004-n2.html
http://www.sanspo.com/soccer/news/20160413/jpn16041305030004-n3.html
http://www.sanspo.com/soccer/news/20160413/jpn16041305030004-n4.html 
▼続きを読む▼

W杯アジア最終予選 日本の対戦国分析 15年アジア杯王者の豪州、10年W杯準優勝監督率いるサウジ、アジア杯3位で日本撃破のUAE はてなブックマーク - W杯アジア最終予選 日本の対戦国分析 15年アジア杯王者の豪州、10年W杯準優勝監督率いるサウジ、アジア杯3位で日本撃破のUAE

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 備長炭Z ★@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 03:20:13.98 ID:CAP_USER*.net
日本のライバル5チームを分析 W杯アジア最終予選B組

サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選の組み合わせ抽選会がマレーシアのクアラルンプールであり、6大会連続6回目の出場をめざす日本は、オーストラリア、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、イラク、タイと同じB組に入った。

■オーストラリア
W杯アジア2次予選では、36歳のFWケーヒルが8得点するなど、8試合で29得点。7勝1敗のB組首位で最終予選に進出した。13年秋に就任し、14年ブラジルW杯の1次リーグで3連敗した後も続投したポステコグルー監督の下で、攻撃の連係が深まっている。自国開催の15年アジア杯では、延長戦になった決勝戦で韓国を破って初優勝を果たした。MFルオンゴら若手も成長している。

■サウジアラビア
W杯は初出場で16強入りした1994年から4大会連続出場したが、10年、14年と出場を逃し、世代交代を進めてきた。2次予選の第1戦を終えたあと監督交代に踏み切り、10年W杯で母国オランダを準優勝に導いたファンマルウェイク監督を迎えて首位突破を果たした。6勝2分けで28得点4失点。前回大会予選を知る29歳のサハラウィが半分の14点をたたき出している。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
朝日新聞デジタル 2016年4月13日00時18分
http://digital.asahi.com/articles/ASJ4D7WGXJ4DUTQP00Y.html?_requesturl=articles%2FASJ4D7WGXJ4DUTQP00Y.html&rm=506
<関連情報>
AFCアジアカップ2015 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/AFC%E3%A2%E3%B8%E3%A2%E3%AB%E3%83%E3%972015
※イラクはアジアカップ4位
2018 FIFAワールドカップ・アジア予選 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/2018_FIFA%E3%AF%E3%BC%E3%AB%E3%89%E3%AB%E3%83%E3%97%E3%BB%E3%A2%E3%B8%E3%A2%E4%BA%E9%B8


▼続きを読む▼
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
ヌルポあんてな
Facebookで更新情報を受け取る
逆アクセスランキング
相互RSS、記事削除要請など

名前
メール
本文
お知らせ
アクセスランキング
相互RSS募集中です → このブログについて