footballnet【サッカーまとめ】

大島僚太、痛恨2失点に絡み ハリル「もう少し期待していた。恥ずかしさを見せる場面があった」 はてなブックマーク - 大島僚太、痛恨2失点に絡み ハリル「もう少し期待していた。恥ずかしさを見せる場面があった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: (゚∀゚(⊃*⊂) ★@無断転載は禁止 2016/09/02(金) 10:37:44.84 ID:CAP_USER9
<W杯アジア最終予選:日本1-2UAE>◇B組◇1日◇埼玉

 リオデジャネイロ五輪代表のMF大島僚太(23=川崎F)が痛恨の2失点に絡んだ。W杯最終予選の初戦で、日本代表史上初の国際Aマッチ初出場初先発。後半4分に豪快なミドルシュートでゴールを脅かすなど攻撃では持ち味を出したが、失点につながるミスを2度犯し「このチームで必要とされているのは守備。球際で負けているし、まだまだだと思った」と反省点を並べた。
続きはリンク先から
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1703655.html

▼続きを読む▼
スポンサードリンク

宇佐美、倒されてPKなし…言い訳せず決定力不足反省 はてなブックマーク - 宇佐美、倒されてPKなし…言い訳せず決定力不足反省

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/09/02(金) 07:03:10.04 ID:CAP_USER9
◇W杯アジア最終予選B組 日本1―2UAE(2016年9月1日 埼玉)

FW宇佐美は後半17分からMF清武と代わって途中出場したが、得点を生み出すことはできなかった。

左サイドに入り、後半26分、44分とゴール前でチャンスを得たが、シュートはともにDFにブロックされた。
不運な判定も続いたが「僕たちが得点を取って、そこ(判定)を上回れば良いこと。究極はそれですね」と言い訳にせず。結果的に1点しか取れなかった攻撃陣の責任を口にしていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160902-00000040-spnannex-socc
スポニチアネックス 9月2日(金)7時1分配信

▼続きを読む▼

本田圭佑「100人は海外に行って、50人がレギュラーで、そこから代表のレギュラーを選ぶぐらいにならないと」 はてなブックマーク - 本田圭佑「100人は海外に行って、50人がレギュラーで、そこから代表のレギュラーを選ぶぐらいにならないと」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/09/02(金) 05:54:46.48 ID:CAP_USER9
[9.1 W杯アジア最終予選日本1-2UAE 埼玉]

 一人気を吐いた。FW本田圭佑(ミラン)は前半11分、MF清武弘嗣の右FKをヘディングで叩き付ける先制点。W杯予選は2次予選から通じて出場試合7戦連発と貫録を示した。

 しかし、果敢に追加点を狙いに行く中でミスからカウンターを受け、ファウルで同点につながるFKを献上。後半9分にはPKで逆転を許した。「結果論だけど、1点取ってからは落ち着いて試合をコントロールしても良かったのかもしれない」と試合運びを悔やむと、「勝負弱かった。どんな内容であっても勝ち切らないといけない」と、逆転負けという結果を重く受け止めた。

「(日本代表は)数値上はいい戦力がそろっていると思うけど、試合に勝つには数値だけで測れない部分もある。そこが欠けているのは間違いない。それがこの2、3年の結果に表れている」
続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160902-01630888-gekisaka-socc

▼続きを読む▼

<プレー分析|香川真司>プレー回数は本田の半分・・・香川が“静か”だった要因は? はてなブックマーク - <プレー分析|香川真司>プレー回数は本田の半分・・・香川が“静か”だった要因は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/09/02(金) 06:41:49.15 ID:CAP_USER9
「前半はスペースがなかった。試合中のポジション修正も必要だった」

【ロシアW杯アジア最終予選】日本 1-2 UAE/9月1日/埼玉スタジアム2002
 
UAE戦の香川真司をひと言で表わすなら、「静か」だった。
 
立ち上がりは、相手の最終ラインと中盤のギャップに位置取り、スルーやダイレクトプレーでゴール前での連係に関与した。しかし、UAEの2ボランチ(ハミス・イスマイール、アメル・アブドゥルラフマン)が中央に絞ると、香川へのパス数が激減。

香川自身が守備網の張られた中央にステイする時間が長かった影響もあるが、ジェスチャーを交えてパスを要求しても、思うようにボールが入って来なかった。
 
攻撃陣のデータ(編集部集計)を掘り下げると、本田圭佑が90分を通して88回のプレー回数(前半42回/後半46回)があったのに対し、香川はその半分の44回(前半25回/後半19回)。62分でピッチを後にした清武弘嗣にしても、33回(90分換算では48回)を記録している。
前半は清武に組み立てを任せ、裏を狙う動きを優先した印象を受けたのも、ボールを受けるプレーを「相手に制限されていた」と見るべきだろう。
続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160902-00018605-sdigestw-socc

▼続きを読む▼

<日本代表>ほろ苦のA代表デビューとなった大島僚太。PK献上の場面はなぜ止めきれなかったか? はてなブックマーク - <日本代表>ほろ苦のA代表デビューとなった大島僚太。PK献上の場面はなぜ止めきれなかったか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/09/02(金) 00:57:36.58 ID:CAP_USER9
最終予選での大抜擢には「そこまで緊張はしませんでした」。

9月1日、日本代表はロシアワールドカップのアジア最終予選の初戦で、UAEと対戦し、1-2で敗れた。
 
 この試合で、A代表デビューを果たしたのが、先のリオ五輪で評価を高めた大島僚太だ。ただでさえプレッシャーのかかる最終予選での大抜擢。相当な重圧がかかると予想されたが、ピッチへ足を踏み入れた瞬間の大島の表情は落ち着いていた。その点は本人も「(周囲が)ポジティブな声をかけてくれたので、そこまで緊張はしませんでした」と振り返る。
続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160902-00018591-sdigestw-socc

写真
no title

▼続きを読む▼

おぎやはぎ “優しすぎる”日本サポーターを問題視「なめられている」 はてなブックマーク - おぎやはぎ “優しすぎる”日本サポーターを問題視「なめられている」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/09/02(金) 14:48:13.60 ID:CAP_USER9
1日深夜放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」で、おぎやはぎの矢作兼と小木博明が、1日に行われた日本VSアラブ首長国連邦(UAE)戦で起きた疑惑の判定に関連して、日本サポーターは「なめられている」と分析した。

1日、「サッカー2018年W杯ロシア大会」のアジア最終予選B組で、日本代表は埼玉スタジアムでUAEと対戦。日本はUAEの直接フリーキックとPKによって得点を許し、1対2と敗戦。後半32分には、浅野拓磨が左足で打ったシュートが、ゴールラインを越えてゴールしたかに思えたがUAEキーパーがかき出し、ノーゴール判定。スローVTRでは、ボールが完全にラインを越えてゴールしたかに見えたが、"幻のゴール"となってしまった。
続きはリンク先から
http://dailynewsonline.jp/article/1189559/
2016.09.02 13:20 リアルライブ

no title

▼続きを読む▼

<疑惑の“ノーゴール判定”>敵国UAE紙も指摘! 「日本は不当な扱いと感じているに違いない」 はてなブックマーク - <疑惑の“ノーゴール判定”>敵国UAE紙も指摘! 「日本は不当な扱いと感じているに違いない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/09/02(金) 00:54:44.88 ID:CAP_USER9
W杯最終予選の初戦で2-1と会心の逆転勝利 「UAEが日本に衝撃を与えた!」
 
日本代表は1日、ロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選でUAEとホームで対戦。

1-2と1点ビハインドで迎えた後半32分、FW浅野拓磨のシュートはゴールラインを越えた後でGKに掻き出されたが、ノーゴールと判定された。決まっていれば同点となっていただけに、試合の結果を分ける大きなワンプレーとなった。

UAE紙「ガルフニュース」電子版も問題のシーンについて触れ、「日本は不当な扱いと感じているに違いない」と不可解な判定があったと指摘している。

日本は前半11分、MF清武弘嗣のFKからFW本田圭佑が頭で押し込み先制した。本田は2次予選から7試合連続ゴールとなった。しかし、UAEの反撃を受けた日本は、直接FKとPKによる失点で逆転された。

1点を追うなか、疑惑のシーンは後半32分に訪れた。右サイドのDF酒井宏樹のクロスをFW本田が必死に体を伸ばして頭で落としたところに浅野がフリーでシュート。

やや当たり損ねたボールはゴールラインを超えたかに見えたが、GKがライン上ではじき出したと判定されノーゴール。こぼれ球に詰めた香川のプッシュも相手DFにクリアされた。日本は大きな同点チャンスをフイにされた。

同紙はこの試合の結果を「アウェーでの2-1勝利で、UAEが日本に衝撃を与えた」と大々的に報じている。そして、疑惑の判定についても触れている。

勝利に歓喜も審判団の判定には首を傾げる
 
「後半、タクマ・アサノがゴールに近いところで奮闘した。UAEのGKハリド・エイサが必死に掻き出す前にゴールラインを割ったように見えた。日本は不当な扱いと感じているに違いない」とし、勝利に歓喜するUAE側もカタールの審判団による判定には首を傾げているようだ。
続きはリンク先から
Football ZONE web 9月1日(木)23時44分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160901-00010027-soccermzw-socc
写真
no title

▼続きを読む▼
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
ヌルポあんてな
Facebookで更新情報を受け取る
逆アクセスランキング
相互RSS、記事削除要請など

名前
メール
本文
お知らせ
アクセスランキング
相互RSS募集中です → このブログについて