footballnet【サッカーまとめ】

なでしこFW永里優季「五輪のない夏」敗退の理由、メディアとの軋轢「一度ブチ切れて喧嘩しに行こうかと思いました」 はてなブックマーク - なでしこFW永里優季「五輪のない夏」敗退の理由、メディアとの軋轢「一度ブチ切れて喧嘩しに行こうかと思いました」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/21(金) 23:27:44.15 ID:CAP_USER9
 リオ五輪が終了し、息つく間もなく、日本国内には東京五輪ムードが漂い始めた。

 リオ五輪での功績を讃えるイベントでも、早くも東京への決意が語られる。人々はこの空気を楽しんでいるのか、それとも流れに振り落とされまいと必死なのか。ともかく、一色に染まりつつあるこの空気が、加速をつけて濃度を増し、あっという間に4年間が流れていくであろうと容易に想像できる。

 だがだからこそ、五輪のない夏を過ごした彼女たち、なでしこジャパンについてもう一度考えておきたいと思った。

黒星スタートが、いわば全てだったと両ベテランの意見は一致した。

◼メディア、世論から受けた総攻撃
に苦しんだ。

 大会を通して永里を苦しめたものの1つに、メディアとの軋轢があった。彼女は、ストレスから代謝に異常をきたし発汗が増え、大会後も栄養もうまく吸収できなくなり体重を落としたという。もちろん中1日で5試合という厳しい日程もその大きな要因だが、あきらかにそれだけではなかったという。

 「気にしないようにしてたけれど、テレビつけたら絶対やってるし。だからテレビは一切つけなかった。ツイッターもフェイスブックも開かなかった。SNSは、開けなかったです」

 当時、永里の名前はまるで戦犯のように各メディアで躍った。特に五輪切符を逃すことが決定的になった中国戦の後、こんな趣旨のコメントを残したことで、攻撃の矢が直撃するようになる。

 「自分たちのレベルが上がっていない。原因は自分たちに求めたい。ただそれだけで解決しないこともあり、選手、協会、メディアも含めて改善していかないと」

◼「一度ブチ切れて喧嘩しに行こうかと思いましたよ」

 確かに責任を転嫁するコメントに聞こえなくもないが、選手だけではどうにもならないことが多いのも確か。例えば冒頭に挙げた初戦に向けた準備、海外とのマッチメイクなどは選手の管轄では無い。

 予選の会場がホームだった分だけ、スタンドの声は余計に聞こえる。だが、18000人収容のスタジアムに、観客は10000人も集まらなかった。協会の努力が十分だったか、しっかりとした検証がなされているとは言い難い。

 また、この予選で観客は、苦しむチームを後押しするでもなく、ブーイングを浴びせ続けた。

 「一度ブチ切れて喧嘩しに行こうかと思いましたよ」

 永里は笑いながら、物騒なことを言う。ブーイングが愛情の証かどうかについては、本田圭佑がミランで問題提起した件でも記憶に新しい。ただ、その微妙な問題に言及してしまう率直さが、今回の永里の場合は仇となった。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161021-00826692-number-socc&p=1

▼続きを読む▼
スポンサードリンク

<岡崎慎司は“ほぼボランチ”>英紙「あの動きはレスターの勝利に欠かせない」 はてなブックマーク - <岡崎慎司は“ほぼボランチ”>英紙「あの動きはレスターの勝利に欠かせない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/22(土) 10:17:28.51 ID:CAP_USER9
岡崎とカンテは多くをもたらしていた

レスターの花形ストライカー、ジェイミー・バーディがその真価を発揮できないのは、昨季に絶妙な連携を見せた“走り屋の相棒”がベンチに座っているからかもしれない。少なくとも英紙はそのように考察している。

2015-16シーズンに破竹のゴールラッシュでチームの躍進を支えていたバーディと、そのエースを引き立てる献身的な働きを披露していた岡崎慎司。英『Telegraph』はレスター不振の一因として、このコンビが解消されてしまったことを挙げている。今夏のマーケットでアーメド・ムサやイスラム・スリマニなど、多くの実力者とサインするに至ったクラウディオ・ラニエリ監督率いるレスターだが、改めて同メディアは最前線における“活動的な日本人”の貢献度を指摘した。

「昨季の岡崎慎司はまるでボランチのように自陣へと戻り、激しくボールを追いかけるなどして貢献していた。あの動きはレスターが勝利する上で欠かせないものだ。相手ボールを奪取し、相手ゾーンから攻撃をリスタートさせるための起点役となっていた」
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161021-00010013-theworld-socc

▼続きを読む▼

日本、韓国、中国、豪州…サッカーアンダー世代の明暗 はてなブックマーク - 日本、韓国、中国、豪州…サッカーアンダー世代の明暗

このエントリーをはてなブックマークに追加
11: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2016/10/21(金) 19:25:05.76 ID:YZKTZb3o0
日本
U23 6勝0分0敗 15得点4失点
U19 2勝1分0敗 6得点0失点
U16 4勝0分1敗 24得点4失点

韓国
U23 4勝1分1敗 14得点6失点
U19 2勝0分1敗 6得点4失点 GL敗退
U16 1勝1分1敗 4得点2失点 GL敗退

豪州
U23 1勝1分1敗 2得点1失点 GL敗退
U19 1勝0分1敗 3得点3失点
U16 0勝0分3敗 2得点10失点 GL敗退

中国
U23 0勝0分3敗 4得点9失点 GL敗退
U19 0勝0分2敗 0得点3失点 GL敗退
U16 最終予選進めず

▼続きを読む▼

【J好き必見】データからJリーグ各クラブの守備スタイルを考察 はてなブックマーク - 【J好き必見】データからJリーグ各クラブの守備スタイルを考察

このエントリーをはてなブックマークに追加
640: U-名無しさん@実況・無断転載は禁止です (ワッチョイW fc9f-vevC) 2016/10/20(木) 13:29:57.03 ID:vN6MSIuS0
トラッキングデータから守備のスタイルを考察:Jリーグ
http://www.jleague.jp/sp/column/article/485/

チームのスタイルがデータにも出ていているな
7733はあのDFなのにJ1最高のハイラインだったり
甲府はやっぱりドン引き密集ブロックだったりと

▼続きを読む▼

横行する感情的なハリル批判にモノ申す! 公平な評価を下すべし はてなブックマーク - 横行する感情的なハリル批判にモノ申す! 公平な評価を下すべし

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/10/20(木) 08:10:47.17 ID:CAP_USER9
日本人選手の特性とも符合せず、視野が狭く一面的。しかし…

ロシア・ワールドカップのアジア最終予選は第4節まで終了したが、日本は2勝1分け1敗で3位に低迷し、厳しい批判を浴びている。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督に対する嫌悪感が増幅装置になって、混乱は増すばかりだ。

筆者は、ハリルホジッチに関しては就任以来、まだ周囲が浮かれているデビュー戦直後から苦言を呈してきた。

とにかく、スカウティングの点で偏向が強く、日本人選手の特性とも符合していなかった。体脂肪率や走行距離のようなフィジカルデータをやたらと並べ、単純な走力や肉体的な優位を軸に選手を選考するなど、視野が狭く一面的。受け入れがたいものがあった。

先日は、「身長190センチ以上のGKが基準」と"珍説"も披露。GKの大型化を訴えたいのだろう。しかし、日本人の平均身長を無視しているし、現在の代表GKに対する侮辱に近く、そもそも当を得ていない。

なぜなら、世界には190センチ未満でトップレベルのGKはいくらでもいる。クラウディオ・ブラーボ(184センチ)、ケイラー・ナバス(185センチ)、ヤン・オブラク(189センチ)、マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(187センチ)、ヘロニモ・ルジ(189センチ)など、枚挙にいとまがない。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161020-00010000-sdigestw-socc
SOCCER DIGEST Web 10月20日(木)7時58分配信

▼続きを読む▼

<日本代表>“ハリルたたき”は文化の違い 日本と海外では明らかな温度差 海外メディアは監督に同情的 はてなブックマーク - <日本代表>“ハリルたたき”は文化の違い 日本と海外では明らかな温度差 海外メディアは監督に同情的

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/10/21(金) 14:54:58.85 ID:CAP_USER9
漫画ドラえもんのひみつ道具の一つに「正直太郎」という人形がある。手に持った人の気持ちを正直に代弁する人形で、好きな女性に思いを伝えられない親類のおじさんを助けるためにポケットから取り出した。

ところが、心に秘めている嘘や人の悪口まであれこれと話し出し、トラブルばかり起こす。子供の頃に読み、口は災いの元という教訓を読み取った。

最近、サッカー日本代表のハリルホジッチ監督が「正直太郎」と重なってみえる。海外組のコンディション調整が難しいことや、全員がそろって戦術練習をする時間が少ないことを、幾度となく口にする。

本人は率直に問題点を指摘しているつもりだろう。だが、ロシアW杯最終予選の初戦でつまずいたことで、報道陣は腕まくりしている。そうなると、説明すればするほど逆効果。「正直」は「言い訳」として受け取られてしまう。

言わぬが花という日本においては、采配の是非だけではなく、会見での潔さも指導者の資質として重視される。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://www.sanspo.com/soccer/news/20161021/jpn16102111300002-n1.html 

▼続きを読む▼

内田篤人の告白 希望と絶望の狭間で<パート4>。「復帰できないと思っている人たちには…」 はてなブックマーク - 内田篤人の告白 希望と絶望の狭間で<パート4>。「復帰できないと思っている人たちには…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/10/21(金) 06:53:26.75 ID:CAP_USER9
「今は不思議と不安がないです」

7月初旬、鹿島のクラブハウスを訪れると、練習のピッチには内田の姿があった。パスゲームもこなし、正確なロングボールを何本も味方に通す。右ひざの状態は見るからに良くなっており、そう遠くないうちに復帰できるだろうという期待感を持てた。
 
 その後、シャルケで復帰に向けて調整を続ける内田が10月4日にはMRI検査で「良い結果」を得た。カムバックに向けてひとつ階段を上ったわけだが、そこに至るまでの苦労などを本人の声で振り返りたい。以下のインタビューは、7月にシャルケへ渡る前に記録したものだ。<パート1、2、3>に続き、最終章の<パート4>をお届けしよう。

―――――――――――◆―――――――――◆――――――――――――
 
──日本代表はどうすれば強くなりますか?
 
「答は持っていますが、ここでは言えません(笑)」
 
──戦術関連ではない?
 
「違います。あっ、この前、本田さんと珍しくサッカーの話をしました。その時にも『どうしたら強くなるか、なにが必要か』って訊かれたので素直に答えたら
、『お前もそう思っているのか』って。考えていることが本田さんと一緒だったんですよ」
 
──本田選手とは、他にどんな会話を?
 
「監督やコーチのこととかですね。監督でなにより重要なのはカリスマ性。『行け!』って指示されたら、すかさず『はい!』って言えるような存在がベスト、それから戦術を落とし込むのはコーチの役割という認識も本田さんと同じでした」
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161021-00019739-sdigestw-socc
SOCCER DIGEST Web 10月21日(金)6時30分配信

https://contents.gunosy.com/7/12/91a544958a8344480d68a221e5b96aea_content.jpg

▼続きを読む▼
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
ヌルポあんてな
Facebookで更新情報を受け取る
逆アクセスランキング
相互RSS、記事削除要請など

名前
メール
本文
お知らせ
アクセスランキング
相互RSS募集中です → このブログについて