footballnet【サッカーまとめ】

<名古屋グランパス>MF田口泰士、サガン鳥栖から正式な獲得オファー!1年でJ1昇格を目指すクラブに大きな痛手 はてなブックマーク - <名古屋グランパス>MF田口泰士、サガン鳥栖から正式な獲得オファー!1年でJ1昇格を目指すクラブに大きな痛手

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/11/10(木) 12:47:35.32 ID:CAP_USER9
J2に降格した名古屋グランパスのMF田口泰士(25)が9日、鳥栖から正式な獲得オファーを受けた。他にもJ1の数クラブが興味を示している。

今季は主将を務め、2017年までグランパスとの契約を残している中盤の要。
流出となれば、1年でのJ1昇格を目指すクラブにとっては大きな痛手となる。

また、グランパスを退団して8日に帰郷した元日本代表DF田中マルクス闘莉王(35)には、J1昇格間近となっている札幌が獲得に動いている。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201611/CK2016111002000105.html

写真
no title


田口 泰士
http://nagoya-grampus.jp/team/top/player/2016/7-taishi-taguchi.html

▼続きを読む▼
スポンサードリンク

<日本代表>本田の乱”に応えた!頑固なハリル監督が“一転”歩み寄る はてなブックマーク - <日本代表>本田の乱”に応えた!頑固なハリル監督が“一転”歩み寄る

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/11/10(木) 07:39:07.75 ID:CAP_USER9
 サッカー・日本代表合宿(9日、茨城・鹿嶋市内)11日に行われるオマーンとの国際親善試合(カシマ)に向けて、非公開練習を行った。

オマーン戦は、15日の2018年ロシアW杯アジア最終予選B組のサウジアラビア戦(埼玉)に向けた重要なテストマッチ。

バヒド・ハリルホジッチ監督(64)は、主将のMF長谷部誠(32)=フランクフルト=と個別会談し、選手側の意見を取り入れる姿勢をみせた。ハリル体制下で初招集のFW久保裕也(22)=ヤングボーイズ=は初得点を誓った。

 澄み切った星空がきれいな冬のカシマスタジアム。ナイター練習開始前、ピッチサイドに現れたハリルホジッチ監督はMF長谷部を呼び寄せ、個別会談。「何かあったらアドバイスをくれ」と、チームをまとめる主将に声をかけた。

 「監督は情報を与えるが、やるのは選手。監督の言うことはすべてではない」

 長谷部が、会話の一部をこう証言した。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-00000036-sanspo-socc 

▼続きを読む▼

<名古屋を退団した元日本代表DF闘莉王>J1昇格を目指す札幌と京都が来季獲得候補としてリストアップ! はてなブックマーク - <名古屋を退団した元日本代表DF闘莉王>J1昇格を目指す札幌と京都が来季獲得候補としてリストアップ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/11/10(木) 09:11:18.85 ID:CAP_USER9
 J2に降格した名古屋を退団した元日本代表DF田中マルクス闘莉王(35)を、J1昇格を目指す札幌と京都が来季獲得候補としてリストアップしていることが9日、わかった。

 闘莉王は8日に羽田空港から離日する際、「いろいろ話は出てきている。来年どこかが取ってくれるみたいなこと」と明かしていた。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-00000024-dal-socc 

▼続きを読む▼

<日本代表>オマーン戦...清武&本田“リハビリ先発”!世代交代よりも2人の状態回復を優先...サウジ戦敗れれば解任必至 はてなブックマーク - <日本代表>オマーン戦...清武&本田“リハビリ先発”!世代交代よりも2人の状態回復を優先...サウジ戦敗れれば解任必至

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/11/10(木) 09:06:48.06 ID:CAP_USER9
◆キリンチャレンジカップ2016 日本―オマーン(11日、茨城・カシマサッカースタジアム) ◆2018年W杯ロシア大会アジア最終予選 ▽B組第5節 日本―サウジアラビア(15日、埼玉スタジアム2002)

 日本代表は9日、親善試合のオマーン戦(11日)が行われるカシマスタジアムで冒頭15分公開のみの非公開練習を行った。

バヒド・ハリルホジッチ監督(64)はFW本田圭佑(30)=ACミラン=とMF清武弘嗣(26)=セビリア=を主力組に配置したことが判明。最終予選のサウジアラビア戦(15日・埼玉)に向けた大事な一戦を、新戦力テストやチーム強化ではなく、所属クラブで出場機会に恵まれない2人の"リハビリ"を優先する布陣になる。

 ハリル監督が苦渋の"リハビリ起用"を決断する。太平洋からの寒風が吹き込むカシマスタジアムを全面非公開にして行われた実戦練習。関係者によると、主力組とみられるチームの3トップの右にFW本田、トップ下にMF清武を配置したという。

最終予選のサウジアラビア戦を見据え新戦力のテストやチームの強化を目的に組まれたオマーン戦が、2人のコンディションを向上させるために消費されそうだ。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-00000070-sph-socc

▼続きを読む▼

ハリル監督、起死回生の一手!本田圭佑、再びトップ下/W杯アジア最終予選 はてなブックマーク - ハリル監督、起死回生の一手!本田圭佑、再びトップ下/W杯アジア最終予選

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/11/09(水) 17:01:26.00 ID:CAP_USER9
追い詰められたハリルジャパンが起死回生の一手を打つ。

日本代表は国際親善試合オマーン戦(11日、カシマ)とロシアW杯アジア最終予選サウジアラビア戦(15日、埼玉)に向けて茨城県内で合宿中だが、8日には全選手が合流した。W杯出場権獲得へ後がないバヒド・ハリルホジッチ監督(64)は新たな攻撃の形を模索。

チームの要となるトップ下にFW本田圭佑(30=ACミラン)の復帰を検討している。ハリルジャパンの目下の課題は決定力不足の解消だ。W杯アジア最終予選に入って1試合平均1・5点とゴールが遠く、苦戦が続く最大の要因となっている。

そこでハリルホジッチ監督はオーストラリア戦で本田をぶっつけで1トップ起用するなど、なりふり構わぬ策で攻撃陣を編成。今回の2試合に向けても「得点率を上げるためのできるだけ良いソリューションを探している」と、さらに異なる選択肢をテストする方針を示している。

指揮官は玉砕覚悟の4トップ構想まで明かしているが、併せて検討しているのが本田のトップ下復帰だ。

代表スタッフに近いJクラブ関係者はこう話す。「ハリルさんはいろんな形を考えるなかで、今のメンバーでは本田がトップ下に入るとうまく攻撃が流れるということも把握している。この前、本田の1トップを実行したように、そろそろやってくる」

2014年ブラジルW杯を戦ったザックジャパンでは本田が不動のトップ下を務めた。エースがピッチの真ん中でボールを収めると、周囲が一気に動きだし爆発力のある攻撃を展開。

アジアのライバルたちを圧倒した。ハリル流の縦に速いサッカーでは右FWで出場してきたが、スピードが足りずに力を発揮しきれていないのが現状。本田を生かしながら得点力アップを狙う策として準備を進めているのだ。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00000029-tospoweb-socc

写真
no title

▼続きを読む▼

日本代表 11日オマーン戦は出場なし? 香川が右足首痛で練習を回避 はてなブックマーク - 日本代表 11日オマーン戦は出場なし? 香川が右足首痛で練習を回避

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/11/09(水) 17:48:41.85 ID:CAP_USER9
香川はオマーン戦の前々日はジムでトレーニング。

 日本代表は11月9日、親善試合のオマーン戦、ロシアワールドカップ・アジア最終予選のサウジアラビア戦に向けてトレーニングを行なった。
 
 冒頭15分だけ公開された練習で、招集メンバー25人のうち、ピッチに姿を現わしたのは24人。練習を回避したのは香川真司で、右足首痛のため大事をとり、ジムでトレーニングとなった。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161109-00020422-sdigestw-socc

▼続きを読む▼

「三重県にJクラブ誕生を」 明治安田生命四日市支社が掲げる壮大なビジョン はてなブックマーク - 「三重県にJクラブ誕生を」 明治安田生命四日市支社が掲げる壮大なビジョン

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/11/09(水) 16:15:31.44 ID:CAP_USER9
2015年よりJリーグとタイトルパートナー契約を締結し、日本サッカー界をサポートしている明治安田生命。契約から2シーズン目を迎え、『明治安田生命Jリーグ』の名もすっかり定着した。また、契約を結んだ2015年より、全国の各支社が地元のクラブチームと協力してJリーグの普及に努めている。その一例が小学生向けのサッカー教室だ。「従業員全員がサポーター」というコンセプトの下、サッカー教室を開催。今ではその活動が大きく普及して各支社が現役選手やJリーグ選手OBを講師に招き、未来のJリーガー育成に尽力している。

 日本全国に支社を構える明治安田生命だからこそ実施可能な試みだが、これらの活動に加え壮大なビジョンを掲げているのが、三重県の四日市支社だ。今年9月、四日市中央緑地公園陸上競技場でサッカー日本代表として1998年のフランス・ワールドカップに出場した中西永輔さんら4人のJリーグOBを講師に招き、サッカー教室を開催した。三重県には中西さんをはじめ、現日本代表の浅野拓磨らを輩出してきた名門、四日市中央工業高校がある。さらに、Jリーグには三重県出身の選手が多い。その反面、三重県にはJクラブが存在しない。そこで、四日市支社は「三重県にJクラブ誕生を」という目標を掲げ、日々活動している。

「J1からJ3まで53チームも全国にあるのに、三重県にはJクラブがないんですよ。そこは少し残念なところではありました」。そう話すのは、明治安田生命の宮本勉四日市支社長である。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20161109/511464.html?cx_top=newarrival

▼続きを読む▼
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
ヌルポあんてな
Facebookで更新情報を受け取る
逆アクセスランキング
相互RSS、記事削除要請など

名前
メール
本文
お知らせ
アクセスランキング
相互RSS募集中です → このブログについて