footballnet【サッカーまとめ】

本田圭佑「僕らをリスペクトしていないことが腹立たしい」 はてなブックマーク - 本田圭佑「僕らをリスペクトしていないことが腹立たしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: あちゃこ ★@無断転載は禁止 2016/10/07(金) 01:41:15.92 ID:CAP_USER9
<W杯アジア最終予選:日本2-1イラク>◇B組◇6日◇埼玉

日本代表MF本田圭佑(30=ACミラン)が、無得点で後半36分に退いた。放ったシュートは両チーム最多となる4本。1-1となった後半29分、右クロスを頭で合わせるも枠を外れる。さらに同35分にも左からのクロスに再びヘディングシュートを狙うが、左ポストをかすめながら外れた。苦しい展開に引き分け濃厚の中で、ロスタイムに勝ち越す劇的勝利。しかし、本田の気持ちは収まらなかった。

「本当はうざいくらい(ボールを)回して、向こう(イラク)が『うざい』と思うくらい回したいと思っている。本当はこっちが向こうをばかにしたい。だけど今のところ戦術的に求めていない。例えば、僕とかヤットさん(G大阪MF遠藤)の真骨頂。悪く言えば僕もスピーディーさに欠けるとか、悪く言えばいろんな意見があるかもしれない。だが、アジアレベルで言えば徹底的にばかにするプレーを得意とするところ」。

僅差の戦いが続くアジア最終予選での現状に、そして自分自身にも苛立ちを感じているようだった。「必要以上に僕らをリスペクトしていないことが腹立たしい」。臆することなく向かってくる中東勢。9月に敗れたUAEに続き、ホームで苦戦が続く。11日のアウェー、オーストラリア戦でも苦しい戦いを覚悟している。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161007-00000001-nksports-socc

▼続きを読む▼
スポンサードリンク

<日本代表>松木安太郎の視点・・・気になったのはベンチワーク。あのバタバタ劇が失点を招いたのでは? はてなブックマーク - <日本代表>松木安太郎の視点・・・気になったのはベンチワーク。あのバタバタ劇が失点を招いたのでは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/07(金) 13:25:49.44 ID:CAP_USER9
「こんなに頑張っているのに代えられちゃうのかな」。選手は気になってベンチを見てしまうものだ。
 
その部分で攻撃をボリュームアップできなかったのが、イラク戦の一番の課題。点を取った後に自分たちのリズムを保って、さらに追加点を取りに行く。そういう部分をどうやって作り上げていくかが、今後の最も大きなテーマかもしれない。
 
同じく見逃せないのが、失点のシーン。ベンチが交代選手を用意してバタバタしていた時に、点を取られてしまった。失点した時間帯の日本は、決して悪いリズムではなかったし、疲れている選手もそれほどいなかった。

これといってチームが機能していないという感じでもなかった。つまり、あそこは動かなくてもいい時間帯だったのではないだろうか。
 
もし、あの交代が試合前に用意したプランだったとしても、ピッチ内の状況を見て遅らせる判断だってできたはずだ。それでも交代をしたいのであれば、ピッチ内の選手たちが混乱しないように、すぐに指示を出すべきだろう。

こういう厳しい試合では、流れをしっかり把握しなければいけないのに、自ら苦しくしてしまった面があると思う。
 
イラク戦のような誰が変わってもおかしくないような展開だと、「俺、こんなに頑張っているのに代えられちゃうのかな」と選手は気になってベンチを見てしまうことがある。それで一瞬集中力が途切れ、ポカっと穴が開いてしまったエアポケットのような形で失点した印象が強い。

ゲームの大事な局面で、そういう状況が生まれてしまったのは、ベンチワークのミスもあったのではないかと思う。  
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161007-00019439-sdigestw-socc&p=2

▼続きを読む▼

イラク監督、判定に激怒 「審判が日本をサポートしていた」 はてなブックマーク - イラク監督、判定に激怒 「審判が日本をサポートしていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2016/10/06(木) 23:04:30.05 ID:CAP_USER9
判定に不満を示すスワディ監督/ Getty Images

劇的決勝弾で勝利した日本だが、イラク側にとって納得できない判定がいくつもあったと指揮官は語る

日本代表は6日に行われたロシア・ワールドカップ・アジア最終予選でイラク代表と対戦し、2?1で勝利した。ロスタイムまで同点という苦しい展開の中、山口蛍の劇的な決勝弾が決まり、勝ち点3を獲得している。2戦目のタイ戦に続く白星により、通算成績は2勝1敗となった。

イラク代表を率いるラディ・スワディ監督は試合後の記者会見で選手たちをたたえつつ、判定への不満を口にした。

冒頭、「とてもタフな試合でした。日本はとても強いチームで、ワールドカップにも出場しているチームです。我々もいい試合をしましたが、これから戦術などを見直していきたいと思います」と振り返ったが、その後はレフェリーへの苦言の連発だった。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://www.goal.com/jp/news/125/%E3%AF%E3%BC%E3%AB%E3%89%E3%AB%E3%83%E3%97/2016/10/06/28223212/%E5%AF%A9%E5%A4%E3%8C%E6%A5%E6%9C%AC%E3%92%E3%B5%E3%9D%E3%BC%E3%88%E3%97%E3%A6%E3%84%E3%9F%E3%A4%E3%A9%E3%AF%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E3%8C%E5%A4%E5%AE%9A%E3%AB%E4%B8%8D%E6%BA%E7%86%E7%BA%E3%AD%E3%B7%E3%A2w%E6%9D%AF%E3%A2%E3%B8%E3%A2%E6%9C%E7%B5%E4%BA%E9%B8

▼続きを読む▼

<日本 2-1 イラク|採点&寸評>期待に応えた清武弘嗣と劇的決勝弾の山口蛍が高評価! はてなブックマーク - <日本 2-1 イラク|採点&寸評>期待に応えた清武弘嗣と劇的決勝弾の山口蛍が高評価!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/06(木) 23:19:54.00 ID:CAP_USER9
【日本代表・総評】6.5
no title


開始早々から攻め込まれ、2分にはポストを叩く決定的な一撃を喰らう。それでも辛抱強く相手の勢いに耐えながら、清武のいくつかの個人プレーで流れを引き寄せ、25分の原口の先制ゴールに繋げた。
 
1点リードで迎えた後半は、60分にセットプレーから痛恨の失点。その後は懸命に攻め立て、最終盤はCB吉田を前線に上げてパワープレー。90+5分には、その吉田の粘りから奪ったFKのチャンスから途中出場の山口がミドルを叩き込み勝ち越し。格下相手に苦しんだのは事実だが、絶対に欲しかった勝点3を手中に収めたことは評価できる。
 
【個人採点・寸評】

[GK]
12 西川周作 6
ハイボールの処理は安定。前半終了間際の至近距離からのシュートも慌てずにストップしたし、6分に原口に通したキックは正確極まりなかった。失点シーンでGKを責めるのは酷だろう。
 
[DF]
19 酒井宏樹 5.5
ペナルティーエリア内での寄せが甘く、際どいシュートを打たれる場面も。攻撃参加した時は、難しいことはせず、シンプルにクロスを供給した。
 
22 吉田麻也 6.5
最終ラインでの冷静なボール捌きからロングボールを供給し、相手の動きを見極めたシュートブロックも見事。63分にはCKにヘッドで完璧に合わせたが、枠を捉えられなかった。終盤はパワープレーを託され、前線の粘りから決勝点につながるFKを獲得した。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161006-00019419-sdigestw-socc&p=1

▼続きを読む▼

ゴールの瞬間、いろんな家から叫び声が! 終了間際の山口弾でイラクに勝利 はてなブックマーク - ゴールの瞬間、いろんな家から叫び声が! 終了間際の山口弾でイラクに勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/10/06(木) 23:42:59.27 ID:CAP_USER9
絶望に光が差し込むかのような試合終了間際のシュートだった。応援に駆け付けていたサポーターらが喜びを爆発させたが、最も嬉しかったのは「解任論」も出ていたハリルホジッチ監督だったかもしれない。

 サッカー日本代表は2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選、イラクとの第3戦を2016年10月6日、ホーム(埼玉スタジアム)で戦い、2対1で勝利。勝たなければW杯出場がかなり厳しくなるこの一戦、チームを救ったのは途中出場のMF山口蛍だった。

■後半アディショナルタイムに劇的勝ち越しゴール

 日本は前半26分、FW原口元気のゴールで先制するも、その後追加点を決めきれず、逆に後半15分にフリーキックから失点を許してしまう。

 早い時間で先制しながら追いつかれる――。逆転負けした9月1日のUAE戦をフラッシュバックさせる試合展開に、嫌なムードが漂う。後半30分過ぎからは日本選手の足が止まり出し、イラクにいいように攻められる場面が増え始めた。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161006-00000007-jct-ent&p=2

▼続きを読む▼

日本“誤審”に救われた?オフサイドに見えた先制点 はてなブックマーク - 日本“誤審”に救われた?オフサイドに見えた先制点

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: あちゃこ ★@無断転載は禁止 2016/10/07(金) 02:02:14.09 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ 10月6日 23時49分配信

<W杯アジア最終予選:日本2-1イラク>◇B組◇6日◇埼玉

 今度は"誤審"に救われた!? 日本はオフサイドのようにも見えるパスから
先制点を挙げた。

 0-0の前半26分。MF清武からの低いクロスをFW原口が絶妙な右足ヒールで先制ゴールを決めた。その直前。右サイドから回り込んだ清武に本田がパスを出した瞬間、清武は、オフサイドラインを越えているようにも見えた。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161006-00000143-nksports-socc

▼続きを読む▼

<日本代表FW本田圭佑>「本当はこっちが向こうをバカにしたい」 「この感じだとダメ」豪州戦に危機感 はてなブックマーク - <日本代表FW本田圭佑>「本当はこっちが向こうをバカにしたい」 「この感じだとダメ」豪州戦に危機感

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/07(金) 00:34:39.46 ID:CAP_USER9
「向こうがうざいと思うくらい回さないといけない」という思いとは裏腹に…。

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 2-1 イラク/10月6日/埼玉
 
10月6日のイラクとのホームゲームは、劇的な展開で2‐1の勝利。しかし、試合後の本田に笑顔はなかった。ゴールもアシストもなく、途中交代でベンチに下がった影響もあったかもしれない。途中交代について、本人は冷静に受け止めている。
 
「今まで(最終予選のようなビッグマッチで)そういうシーン(途中交代)は少なかったかもしれないけど、ハリルになってからはそれなりに交代があるということで。というか、監督の指示自体が前の3人については疲れた選手から代える。
 
だからもう、計算してやるな、というところなので、今日でいったら(原口)元気は点を取っていましたからね。元気は外さないですよね。順序的にはオカ(岡崎)、僕、元気。だから僕でしょ。僕が監督でもそうしているかなと」
 
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
スポーツ報知 10月7日(金)0時8分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161006-00000260-sph-socc

▼続きを読む▼
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
ヌルポあんてな
Facebookで更新情報を受け取る
逆アクセスランキング
相互RSS、記事削除要請など

名前
メール
本文
お知らせ
アクセスランキング
相互RSS募集中です → このブログについて