footballnet【サッカーまとめ】

ポゼッション捨て頂点に! 手倉森U-23が選んだ「現実路線」 はてなブックマーク - ポゼッション捨て頂点に! 手倉森U-23が選んだ「現実路線」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 12:48:20.46 ID:CAP_USER*.net
特別寄稿 サッカージャナリスト・六川亨】

リオ五輪予選決勝の前半、日本の決定機はゼロだった。決勝前日の3位決定戦のイラク―カタール戦は、「勝たなければならない試合」。五輪出場を決めた者同士の日韓戦は、「負けたくない試合」。

韓国にしても準決勝のカタール戦で見せた迫力満点の波状攻撃は影を潜め、緩い雰囲気の漂う45分だった。

0―2とリードされた日本は攻撃を活性化するために60分、ボランチのMF大島に代えてFW浅野を投入。韓国は日本をナメていたのだろう。俊足の浅野を警戒することなく、DF陣の背後に広大なスペースを用意してくれた。そこを突いて67分に浅野が1点を返し、続けざまにMF矢島がヘッドで同点弾を決める。そして81分にカウンターから、またも浅野が抜け出して決勝点を決めた。
続きはリンク先から
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1453518698/

▼続きを読む▼
スポンサードリンク

視聴者が選んだ手倉森ジャパンのMVPはDF室屋成(明治大学)…抜群の安定感で優勝の立役者に… はてなブックマーク - 視聴者が選んだ手倉森ジャパンのMVPはDF室屋成(明治大学)…抜群の安定感で優勝の立役者に…

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 14:51:52.07 ID:CAP_USER*.net
AFC U-23選手権カタール2016において手倉森誠監督の率いるU-23日本代表は大会前の厳しい評価を覆す躍進でリオデジャネイロ・オリンピックの出場権を勝ち取り、さらにライバルのU-23韓国代表を決勝で破り念願のアジア王者に輝いた。

サッカーキングチャンネルでは特番として日本戦の6試合を全て裏実況し、優勝を決めた韓国戦の後に"手倉森ジャパン"のMVPを視聴者の投票で選んだ。公式の大会MVPを受賞したMF中島翔哉(FC東京)をはじめ、候補にエントリーされたのは下記の通り。

決勝は負傷で欠場したFW鈴木武蔵(アルビレックス新潟)など、日替わりヒーローが現れたチームだっただけに、他にも試合ごとに少なからずインパクトを残した選手はいたが、9人までというシステム上の都合もあり、大会を通してほとんどの試合に出場し、しかもハイパフォーマンスが目立った選手が入った。
続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160202-00397536-soccerk-socc

▼続きを読む▼

U23韓国代表、帰国し謝罪「日本に負けて申し訳ない」 韓国ネット「監督のインタビューでの発言はとても軽率で低レベル」 はてなブックマーク - U23韓国代表、帰国し謝罪「日本に負けて申し訳ない」 韓国ネット「監督のインタビューでの発言はとても軽率で低レベル」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 12:35:51.91 ID:CAP_USER*.net
2016年1月31日、サッカー男子のリオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたU?23アジア選手権決勝で、日本に逆転負けを喫した韓国代表チームが韓国に帰国し、会見で謝罪した。韓国・スポーツ朝鮮が伝えた。

この日午後、韓国・仁川空港に到着した選手団は、申台龍(シン・テヨン)監督を中心に会見用のひな壇に並ぶと、そろって起立、深々と頭を下げた。会見場には「世界初、8大会連続の五輪進出」と、代表チームが今回打ち立てた記録が華々しく記されたが、その前でこうべを垂れる選手団の写真を、記事は「韓日戦敗北、申し訳ありません」との見出しで報じた。

Uー23アジア選手権決勝は30日にカタール・ドーハで行われ、後半途中まで韓国が2ー0とリードしていたものの、日本が3点を返し逆転勝利を果たした。「絶対に負けられない」日韓戦の敗北に頭を下げた選手たちに、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「何も申し訳なくなんかない。お疲れさま。背負っていたプレッシャーも相当だっただろう」
「立派だよ!」
「よく頑張ったよ。五輪ではミスを減らして」
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
配信日時:2016年2月1日(月) 10時20分
http://www.recordchina.co.jp/a128162.html
 U23韓国代表の申台竜監督 「次は必ず日本の鼻をへし折る」★2
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1454307236/
U23韓国申監督が豪語「日本には負けたことない」
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1454131045/
U23韓国代表監督「韓日決勝戦で勝ったら記者会見で韓服」c2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1453947664/

▼続きを読む▼

歴史的敗北に韓国メディア騒然! 「日本は優勝自販機」揶揄も返り討ちでネット自虐「自販機にコインを食われた」 はてなブックマーク - 歴史的敗北に韓国メディア騒然! 「日本は優勝自販機」揶揄も返り討ちでネット自虐「自販機にコインを食われた」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 02:41:35.22 ID:CAP_USER*.net
歴史的敗北に韓国が騒然としている。

リオデジャネイロ五輪を目指すサッカー最終予選兼U-23アジア選手権(カタール・ドーハ)決勝で、日本代表に2-3の大逆転負けを喫した韓国代表。大一番をものにできなかったチームの戦いぶりを現地メディアが「ドーハの衝撃」と報じるなど動揺が広がっているのだ。

「アジア王者になってリオ(五輪)に行く目標を達成できた」

優勝トロフィーを手に凱旋(がいせん)した日本代表の手倉森誠監督は1月31日、羽田空港でこう胸を張った。

2点差をつけられる不利な状況から、後半矢継ぎ早に3点を奪って逆転勝ちを収めた「手倉森ジャパン」。日本中が劇的勝利の余韻に浸る一方、敗れた韓国は敗戦のショックを隠しきれない様子だ。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160201-00000008-ykf-spo

▼続きを読む▼

AFC U-23選手権で最も株を上げた日本代表戦士はこの3人! はてなブックマーク - AFC U-23選手権で最も株を上げた日本代表戦士はこの3人!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/01(月) 23:41:36.80 ID:CAP_USER*.net
カタールで開催されたAFC U-23選手権は、決勝で韓国を大逆転の末に下したU-23日本代表の優勝で幕を閉じた。大会前の前評判は高くなく、試合もハラハラした展開の連続であったが、選手は試合毎に成長した姿を見せ、終わってみれば6戦全勝での完全優勝となった。スターというスターのいなかった今回の日本。日替わりでヒーローが誕生したが、そのなかでも大会中に最も評価を高めた3人を決めてみよう。

原川 力(川崎フロンターレ)
「りきに初めて感謝してる」……イラク戦後、殊勲の決勝ゴールを決めた原川に対し、中学時代からお互いを良く知る久保裕也がかけた言葉だ。中学時代は天才肌の選手だったそうで、レンタル先の愛媛では10番を背負いトップ下でもプレーしている。しかし、京都と代表では基本的にボランチで、これまでJリーグで決めた得点は僅かに1。

地味だ、谷間の世代だと揶揄された今回のメンバーのなかでもとりわけ目立たず、大会前、彼に期待する声は全く聞かれなかった。だがチームの弱点と言われるボランチのポジションで堅実な働きを見せると、準決勝イラク戦の後半アディショナルタイム、五輪出場を決める強烈な左足のシュートを叩き込み、一躍「時の人」に。さらに決勝の韓国戦では後半から投入され、大逆転勝利の呼び水となった。確かに地味な存在ではあるが顔付きや体格、プレースタイルやボールを持つ姿勢はどことなく中田英寿を彷彿とさせるものがある。イラク戦でのシュートは、「ジョホールバルの歓喜」で岡野雅行のゴールを生んだ若き中田の左足でのシュートを思い起こさせた。この2つがどちらも「ドーハの悲劇」を払拭し、日本を歓喜に沸かせたのは偶然であろうか。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
 
http://qoly.jp/2016/02/01/u23-japanese-three-players?part=4

▼続きを読む▼

ミラン本田を伊地元紙が絶賛の単独最高点に 「ダービー男」「こんなホンダ見たことない」 はてなブックマーク - ミラン本田を伊地元紙が絶賛の単独最高点に 「ダービー男」「こんなホンダ見たことない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/02/01(月) 19:03:50.73 ID:CAP_USER*.net
先制アシストを高く評価

ACミランの日本代表MF本田圭佑は、1月31日のインテルとのダービー戦で前半35分に先制アシストを記録する活躍を見せた。イタリア地元紙は、チーム単独最高点など高評価が並び、「ダービーの男」「こんなホンダ、見たことがない」と絶賛している。

「ガゼッタ・デロ・スポルト」紙は本田に合格点の「6.5」点を与えている。最高点はMFクツカの「7」点だった。

「スピードはないし、マーカーを抜かないからサイドではプレーしたくないが、クロスはできる。アレックスにしたアシストは貴重だった。内省的な性格だが、時には、彼のアイデア をアクションに起こすまで時間がかかり、遅過ぎることがある」
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160201-00010011-soccermzw-socc
Soccer Magazine ZONE web 2月1日(月)17時3分配信
no title

▼続きを読む▼

DF室屋、迫られる選択!プロか大学残留か…高校卒業時にJリーグからのオファーを受けながらも大学進学を決意 はてなブックマーク - DF室屋、迫られる選択!プロか大学残留か…高校卒業時にJリーグからのオファーを受けながらも大学進学を決意

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: キヨシボンバイエ ★@\(^o^)/ 2016/02/01(月) 23:46:17.90 ID:CAP_USER*.net
U-23日本代表DF室屋成(21=明大)が、大学サッカーとJリーグの間で揺れる胸中を明かした。リオ五輪アジア最終予選では5試合に先発し、攻守両面で存在感を発揮。準々決勝イラン戦(22日)では延長前半にMF豊川雄太(21=岡山)の
先制点につながるクロスを上げ、大きく株を上げた。

メンバー唯一のアマチュア選手は「自分は大学生ということで去年一年は、少し遠慮して自分を出せないところもあって思い通りにいかなかった。でも大会を通じて少しずつ自信を持ってプレーできるようになって自分を出せるようになってきた」と手応えを語った。

しかし“進路”の話題にはトーンダウン。大学生活を約1年残し、J1FC東京からプロ契約のオファーを受けているが「帰ってゆっくり考えたい。(明大サッカー部の)監督と部長と話し合ってからなので、まだ何も決まってない」と白紙の状態を強調。プロ入りには円満退部の必要があり、個人の一存では決断できないのだ。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160201-00000042-tospoweb-socc

▼続きを読む▼
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
ヌルポあんてな
Facebookで更新情報を受け取る
逆アクセスランキング
相互RSS、記事削除要請など

名前
メール
本文
お知らせ
アクセスランキング
相互RSS募集中です → このブログについて