footballnet【サッカーまとめ】

マンUは狂ってる!? ミランの16歳GKに4000万ユーロを準備と報じられる はてなブックマーク - マンUは狂ってる!? ミランの16歳GKに4000万ユーロを準備と報じられる

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 19:46:00.74 ID:CAP_USER*.net
どこまで金を使うのか

マンチェスター・ユナイテッドに、またも驚きの移籍の噂が持ち上がった。

伊『ガゼッタ・デロ・スポルト』は、マンUがミランGKジャンルイジ・ドンナルンマに4000万ユーロを提供する準備があると報じた。ドンナルンマは長きにわたってイタリア代表のゴールを守ってきたユヴェントスのジャンルイジ・ブッフォンの後継者と期待されており、今季途中からミランの正GKを務める16歳の少年だ。

ミランでは16歳でレギュラーポジションを勝ち取った姿からパオロ・マルディーニのようにクラブのレジェンド的存在になるとも言われており、今の暗い空気が漂うミランに唯一明るい空気を送り込んでくれる選手だ。同メディアはそんな駆け出しの16歳に4000万ユーロを用意するマンUを狂気じみていると伝えており、予想外の札束攻勢に戸惑っている。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160113-00010029-theworld-socc

▼続きを読む▼
スポンサードリンク

“イブラ節”フルスロットル! 「男子サッカーと女子サッカーを比べるなんて笑えない話だ」 はてなブックマーク - “イブラ節”フルスロットル! 「男子サッカーと女子サッカーを比べるなんて笑えない話だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 21:20:08.58 ID:CAP_USER*.net
またもや辛口全開?

近年、世界中で男子に負けず劣らずの盛り上がりを見せ始めている女子サッカーだが、スウェーデン代表ズラタン・イブラヒモビッチの評価は少し厳しいものかもしれない。

歯に衣着せぬ発言が毎度のように話題にされてしまうイブラヒモビッチは、スウェーデン紙『Expressen』のインタビューに応え、女子サッカーについて言及した。

「俺は欧州の舞台ではメッシやクリスティアーノ・ロナウドと比較されるが、国内ではひとりの女子選手と比較される。もちろんロッタ・シェリンが成し遂げてきたことにはとても敬意を払っているし、スウェーデンの女子サッカーも素晴らしい結果を残してきた。でも男子サッカーと女子サッカーを比べるなんてありえない。笑えない話だよ。彼女たちの個人的な偉業に対しては高級車じゃなく、俺のサイン入り自転車を与えれば十分だろ?」
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160113-00010032-theworld-socc

▼続きを読む▼

前澤社長「ビッグリスペクト」 ACミランに所属する本田圭佑と紗栄子の3ショット公開! はてなブックマーク - 前澤社長「ビッグリスペクト」 ACミランに所属する本田圭佑と紗栄子の3ショット公開!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 18:12:28.29 ID:CAP_USER*.net
ファッション通販「ZOZOTOWN」を運営する株式会社スタートトゥデイの前澤友作社長(40)が11日、交際中のタレントでモデルの紗栄子(29)とサッカー日本代表でイタリアのACミランに所属する本田圭佑(29)との3ショット写真をインスタグラムに掲載した。

前澤氏は「2週間ぶりに本田さんとミラノで再会。サッカー選手としてはもちろん、経営者としてもビッグリスペクト」と、滞在先のミラノで本田と再会したことを報告。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
スポーツ報知 1月13日(水)18時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160113-00000087-sph-ent
写真
no title

▼続きを読む▼

U-23日本代表の手倉森監督「『耐えて勝つ』という形で辛抱させられたゲーム。最終的には結果がすべて。勝って良かった」 はてなブックマーク - U-23日本代表の手倉森監督「『耐えて勝つ』という形で辛抱させられたゲーム。最終的には結果がすべて。勝って良かった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 07:19:13.51 ID:CAP_USER*.net
「守備は自信を次につなげていける」

――リオ五輪最終予選の初戦を終えた率直な感想をお願いします。

「試合が終わって、勝って、本当にホッとしています。ただ、ゲーム的には早い時間帯に点を取って、意識が守備的になってしまった。初戦の難しさ、緊張感があるなかで日本らしいパスワークに硬さが出てしまった。『耐えて勝つ』という形で辛抱させられたゲーム。それを為し得て勝ったということで、守備は自信を次につなげていけると思います。最終的には結果がすべて。勝って良かった」

【リオ五輪予選PHOTOダイジェスト】日本 1-0 北朝鮮

――緊張と言いましたが、5分で先制して解けたのでしょうか?

「90分を通して緊張感は抜けなかったと思います。選手たちは勝つことに対して最後まで緊張感を持って戦っていました」

――次戦のタイ戦はどう戦うのですか?

「このあとのタイとサウジアラビアの試合を観て、それから考えます」
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
SOCCER DIGEST Web 1月14日(木)6時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160114-00010005-sdigestw-socc
リオ五輪予選 キャプテン・遠藤航は薄氷の勝利に安堵!「『0』で抑えるという雰囲気を保てたのが一番の収穫」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1452722784/ 

▼続きを読む▼

武藤嘉紀「マインツへの移籍は本当に正解だった」 はてなブックマーク - 武藤嘉紀「マインツへの移籍は本当に正解だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 18:59:54.06 ID:CAP_USER*.net
日本代表FW武藤嘉紀(23)が、独紙ビルトのインタビューでマインツに移籍してからの約半年間を振り返り「マインツへの移籍は本当に正解だった」と語った。

移籍1年目の今季、ここまで17試合に出場して7得点を挙げている武藤は「多くのチャンスをもらえた」と、レギュラーとして起用されていることに驚いているとし、「ゴールも何点か決められました。でも自分のパフォーマンスには満足していません。すべての分野でもっとよくしていかないと」と話した。

初めての海外移籍については「みんなが助けてくれたので、(移籍を)間違ったと思ったことは1度もないです。マインツへの移籍は本当に正解だった」と、チームメートに感謝した。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160113-00000117-nksports-socc

▼続きを読む▼

金崎 ポルトガル復帰!欧州でのプレー熱望で鹿島“残留”困難に はてなブックマーク - 金崎 ポルトガル復帰!欧州でのプレー熱望で鹿島“残留”困難に

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 05:38:53.49 ID:CAP_USER*.net
昨年ベスト11にも選出された鹿島の日本代表FW金崎はレンタル元のポルトガル2部ポルティモネンセに戻った。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/01/13/kiji/K20160113011847450.html

▼続きを読む▼

山形がインドに移籍 はてなブックマーク - 山形がインドに移籍

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: そまのほ ★@\(^o^)/ 2016/01/12(火) 23:08:35.32 ID:CAP_USER*.net
インド・IリーグのシロンラジョンFCが、DF山形雄介と正式契約した。同選手をサポートするユーロプラスインターナショナルが発表している。

日本国内では、当時JFLに所属していた佐川印刷、SC相模原を中心に活躍。その後は、カンボジアリーグのBBU、昨シーズンまでは、ラオス・プレミアリーグのランサン・ユナイテッド、EDLFC等で活躍していた。昨年11月にシロンラジョンFCよりトライアウトオファーが届き、トライアウトの中で、DFとしてのトータル的な能力、特にヘディングを含めた対人の強さを認められ、契約に至った。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20160112/390722.html
no title

▼続きを読む▼
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
ヌルポあんてな
Facebookで更新情報を受け取る
逆アクセスランキング
相互RSS、記事削除要請など

名前
メール
本文
お知らせ
アクセスランキング
相互RSS募集中です → このブログについて