footballnet【サッカーまとめ】

J1川崎・風間八宏監督の試合後コメントが哲学すぎて「ヤヒロの言葉」を出版しそうだと話題に はてなブックマーク - J1川崎・風間八宏監督の試合後コメントが哲学すぎて「ヤヒロの言葉」を出版しそうだと話題に

756: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です (ワッチョイ a765-cFRK) 2016/04/17(日) 00:03:24.11 ID:saRJtltK0.net
http://www.jleague.jp/match/j1/2016/041603/coach/

[ 風間 八宏監督 ]
--試合ごとにメンバーを入れ替えていますが、あえて固定していないのでしょうか。それとも固定できないのでしょうか。そこのメリットとデメリットについて。

最初に言うとメリットとデメリットは答えなくて良いと思います。財布の中を見せると思ったほど入っていなかったり、急に1万円札が抜けていたりと。そういうことは突然のこと。この何試合かの中でどのくらいの確率であるのか、というのがある。何かを固定しなければいけないというわけではないので。
もはや哲学だな

▼続きを読む▼
スポンサードリンク

元日本代表FW巻誠一郎、避難者を誘導「今はサッカーどころではない」 はてなブックマーク - 元日本代表FW巻誠一郎、避難者を誘導「今はサッカーどころではない」

99: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です (ワッチョイ 9b39-CLpo) 2016/04/17(日) 09:02:39.67 ID:dr/y1GnI0.net
no title


巻さん・・・

▼続きを読む▼

<プレミアリーグ>レスターファンで審判変更!ヴェンゲル監督らは「失望した」「完全に反対」 はてなブックマーク - <プレミアリーグ>レスターファンで審判変更!ヴェンゲル監督らは「失望した」「完全に反対」

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 11:17:42.36 ID:CAP_USER*.net
18日に行われるプレミアリーグで、トッテナムはスウォンジーと対戦する。この試合の担当主審が変わったことに、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が「失望した」と語った。そして、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、「同意できる点がある」と述べている。

スウォンジー対トッテナムは、ケビン・フレンド氏が主審を務める予定だった。しかし、同主審がレスターに住んでいたこと、ファンとしてレスターの試合を観戦に行ったことがあることがSNS上で話題に。トッテナムは現在、プレミアリーグでレスターと勝ち点7差の2位につけているため、レスターの優勝をアシストするのではないかといった憶測が生まれた。その後、担当レフェリーが変更となっている。

この反応を理解できないのが、ヴェンゲル監督だ。イギリス『ガーディアン』が、指揮官のコメントを伝えた。

「私は完全に反対だ。レフェリーはプロであり、フェアにやるものだ。こういうことで誰かがレフェリーだと、フェアじゃないことがあると思われてしまう。こういったことが起こることが驚きだ。SNSが、規則やレフェリーに影響してはいけない。トップレベルの人には、こういった決定をする義務がある。私はその決定に驚いているし、失望している」

ポチェッティーノ監督も同じ考えだ。

「我々は不平不満を言わない。すべてのレフェリーを信頼している。この決定を全員が理解するのは難しいかもしれない。だが、それは我々が関与するところではない。ケビンが月曜日の試合でレフェリーを務めるなら、私はそれで問題なかった。ただ、こういった問題が起こることもある。とにかく、全レフェリーを信頼しているよ」
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160416-00000017-goal-socc

▼続きを読む▼

<リオ五輪>FW久保裕也 「ゲルントに聞いたのですが、イブラヒモビッチがオーバーエイジ枠で出てきそうです」 はてなブックマーク - <リオ五輪>FW久保裕也 「ゲルントに聞いたのですが、イブラヒモビッチがオーバーエイジ枠で出てきそうです」

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 11:40:37.05 ID:CAP_USER*.net
スイスのヤングボーイズでプレーするU―23日本代表FW久保裕也(22)が14日、リオ五輪1次リーグで世界の強豪と対戦することになった抽選結果に腕をぶした。

“死の組”こそ望むグループだった。久保は「良いグループに入りましたね!」と第一声を弾ませた。「どうせ五輪でやるなら強い国とやりたかった」。対戦相手が決まり早くも臨戦態勢だ。

流れを左右する1次リーグ初戦の相手はナイジェリア。13年U―17W杯でMVPを獲得し、マンチェスターCに所属する1メートル87の大型FWイヘアナチョがいる。久保はここでも「良いじゃないですか」と笑顔。そして最大の興味は最終戦で戦うスウェーデンだった。

「ゲルントに聞いたのですが、イブラヒモビッチがオーバーエイジ枠で出てきそうです。楽しみです!生で見て、どんな選手なのかを感じたい」
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160416-00000087-spnannex-socc

▼続きを読む▼

レスター岡崎は“今季最高のお買い物”! デブライネやチェフと共に「ベストの補強」として選ばれる はてなブックマーク - レスター岡崎は“今季最高のお買い物”! デブライネやチェフと共に「ベストの補強」として選ばれる

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/16(土) 22:42:34.79 ID:CAP_USER*.net
豪華なメンバーの中に岡崎

夏を制したものこそ、シーズンを制することができる。イングランドで首位をひた走るレスターがもしも素晴らしいフットボールを展開しているとしたら、それは“完璧なショッピング”によるところが大きいのかもしれない。

かつてはローマやモナコ、そしてユヴェントスといった名門を率いてきたイタリア人指揮官クラウディオ・ラニエリ率いるレスターは昨夏に“プレミアリーグ残留を目指して”フランスのカーンから守備的MFエンゴロ・カンテ、そしてドイツのマインツからFW岡崎慎司といった選手を獲得。この適材適所な補強がインクレディブルなレスターを形成するには十分だったようだ。オランダのスポーツメディア『Soccer News』が「今季のプレミアリーグでベストな11人の“購入品”」として、岡崎やカンテ、さらにはクリスティアン・フクスらを選出。他にもマンチェスター・ユナイテッドのFWアントニー・マルシャルや、マンチェスター・シティのMFケビン・デブライネ、そしてアーセナルのGKペトル・チェフといった錚々たるメンバーが名を連ねている。

これはレスターにとっても岡崎にとっても、それぞれの適切な仕事ぶりが評価された喜ばしい結果といえるだろう。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160416-00010024-theworld-socc

▼続きを読む▼

グアルディオラ氏就任のマンC、ドルトMFギュンドアンを獲得で合意か はてなブックマーク - グアルディオラ氏就任のマンC、ドルトMFギュンドアンを獲得で合意か

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 03:01:51.17 ID:CAP_USER*.net
マンチェスター・Cが日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンの獲得で合意に至ったことが明らかになった。16日付のイギリス紙『サン』などが報じている。

来シーズンからマンチェスター・Cの指揮官に就任するジョゼップ・グアルディオラ氏が、獲得を望んでいると報道されていたギュンドアン。昨夏も去就問題に揺れた同選手だが、今シーズン終了後のマンチェスター・C移籍が確実となったようだ。

同紙によると、プレミアリーグのライバルクラブであるアーセナルやリヴァプールも同選手に関心を示していたが、マンチェスター・Cが獲得レースに勝利した模様。移籍金は約3000万ポンド(約46億2000万円)で、今シーズン終了後に発表されるという。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160417-00431869-soccerk-socc

▼続きを読む▼

<リオ五輪>手倉森ジャパン OA枠は海外移籍志願組? はてなブックマーク - <リオ五輪>手倉森ジャパン OA枠は海外移籍志願組?

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/15(金) 16:33:32.78 ID:CAP_USER*.net
手倉森ジャパンはどう戦うのか。

リオ五輪男子サッカー1次リーグで日本はスウェーデン、コロンビア、ナイジェリアの強豪3か国と同じB組になった。目標が明確になったことで手倉森誠監督(48)にとってはオーバーエージ(OA)枠の選定が急務。拘束力のない海外組招集が困難になってきており、FW宇佐美貴史(23=G大阪)ら“海外移籍志願組”を選出する可能性が急浮上している。 

U―23アジア選手権で優勝し、堂々と五輪切符をつかんだ手倉森ジャパンに待っていたのは“死の組”だった。3か国全てが一筋縄ではいかない強豪。しかも初戦と第2戦を行うマナウスは、他の開催地に比べて気温も高く、厳しい環境。それだけにOA枠で選ぶ選手3人が、1次リーグ突破とメダル獲得に向けて大きなカギを握るのは間違いない。 

理想ならA代表主力のFW本田圭佑(29=ACミラン)、MF香川真司(27=ドルトムント)、DF長友佑都(29=インテル)あたりが有力候補となるが、国際Aマッチデー外に行われるリオ五輪に招集するのは困難な状況。

国際サッカー連盟(FIFA)は昨年9月の理事会で、OAだけではなくU―23世代の選手派遣について、各クラブに応じる義務はないという決定をした。 

FIFAは今年2月末に新体制がスタート。リオ五輪直前に方針が覆る可能性もあるため、霜田正浩技術委員(49)は「その情報を含めて確認していく」というが、現時点でその動きはない。そのため「国内組の可能性が高い」と霜田氏が話すように、OAはJクラブからの選出という流れになっている。 

U―23世代で手薄になっているFW、守備的MF、サイドバックが補強ポイントになりそうだが、手倉森監督はさらに「日本を背負う覚悟を持っている選手を選びたい」と条件を挙げる。  
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160415-00000036-tospoweb-socc

▼続きを読む▼
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
ヌルポあんてな
Facebookで更新情報を受け取る
おすすめ
相互RSS、記事削除要請など

名前
メール
本文
お知らせ
アクセスランキング
相互RSS募集中です → このブログについて