footballnet【サッカーまとめ】

ミラン本田を伊地元紙が絶賛の単独最高点に 「ダービー男」「こんなホンダ見たことない」 はてなブックマーク - ミラン本田を伊地元紙が絶賛の単独最高点に 「ダービー男」「こんなホンダ見たことない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/02/01(月) 19:03:50.73 ID:CAP_USER*.net
先制アシストを高く評価

ACミランの日本代表MF本田圭佑は、1月31日のインテルとのダービー戦で前半35分に先制アシストを記録する活躍を見せた。イタリア地元紙は、チーム単独最高点など高評価が並び、「ダービーの男」「こんなホンダ、見たことがない」と絶賛している。

「ガゼッタ・デロ・スポルト」紙は本田に合格点の「6.5」点を与えている。最高点はMFクツカの「7」点だった。

「スピードはないし、マーカーを抜かないからサイドではプレーしたくないが、クロスはできる。アレックスにしたアシストは貴重だった。内省的な性格だが、時には、彼のアイデア をアクションに起こすまで時間がかかり、遅過ぎることがある」
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160201-00010011-soccermzw-socc
Soccer Magazine ZONE web 2月1日(月)17時3分配信
no title

▼続きを読む▼
スポンサードリンク

DF室屋、迫られる選択!プロか大学残留か…高校卒業時にJリーグからのオファーを受けながらも大学進学を決意 はてなブックマーク - DF室屋、迫られる選択!プロか大学残留か…高校卒業時にJリーグからのオファーを受けながらも大学進学を決意

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: キヨシボンバイエ ★@\(^o^)/ 2016/02/01(月) 23:46:17.90 ID:CAP_USER*.net
U-23日本代表DF室屋成(21=明大)が、大学サッカーとJリーグの間で揺れる胸中を明かした。リオ五輪アジア最終予選では5試合に先発し、攻守両面で存在感を発揮。準々決勝イラン戦(22日)では延長前半にMF豊川雄太(21=岡山)の
先制点につながるクロスを上げ、大きく株を上げた。

メンバー唯一のアマチュア選手は「自分は大学生ということで去年一年は、少し遠慮して自分を出せないところもあって思い通りにいかなかった。でも大会を通じて少しずつ自信を持ってプレーできるようになって自分を出せるようになってきた」と手応えを語った。

しかし“進路”の話題にはトーンダウン。大学生活を約1年残し、J1FC東京からプロ契約のオファーを受けているが「帰ってゆっくり考えたい。(明大サッカー部の)監督と部長と話し合ってからなので、まだ何も決まってない」と白紙の状態を強調。プロ入りには円満退部の必要があり、個人の一存では決断できないのだ。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160201-00000042-tospoweb-socc

▼続きを読む▼

大久保 リオ五輪OA枠熱望「日本のためになるなら」 はてなブックマーク - 大久保 リオ五輪OA枠熱望「日本のためになるなら」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◯( ´∀` )◯ ★@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 06:01:48.42 ID:CAP_USER*.net
ロッカールームに座る川崎Fの(左から)小林、大久保、中村

Jリーグ3年連続得点王の川崎F大久保がリオデジャネイロ五輪のオーバーエージ枠での選出を熱望した。「(来いと)言われたら全然いいですよ。日本のためになるなら」と声が掛かれば参戦したい考えを明かした。

大久保は04年アテネ五輪に出場したが1次リーグで敗退、08年北京五輪では当時の反町監督からオーバーエージ枠で打診されたが、当時所属していた神戸が断ってしまった。W杯に出場しているとはいえ、五輪では完全燃焼していないこともあって、大舞台への思いは強い。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160202-00000003-spnannex-socc

▼続きを読む▼

ガンバ大阪 日本代表FW宇佐美が“クリロナ&ネイマール化”計画 はてなブックマーク - ガンバ大阪 日本代表FW宇佐美が“クリロナ&ネイマール化”計画

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 00:24:39.37 ID:CAP_USER*.net
G大阪の日本代表FW宇佐美貴史(23)が宮崎キャンプ中の1日、“クリロナ&ネイマール化”計画を明かした。

昨季は2トップの一角からシーズン中に左サイドMFへとポジションが代わり、得点力が低下。シーズン途中まで独走していた得点王争いにも敗れたが、今季に向け「サイドMFでも1試合1点ペースで取りたい。ロナウド、ネイマールは参考にしている」とレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド、バルセロナのブラジル代表FWネイマールを引き合いに出した。

抜群のシュート精度とドリブルが武器だが、クロスに合わせての得点は少ない。今季も宇佐美を左サイドで起用する意向の長谷川健太監督(50)も「右からのクロスに入って点を取る動きがもっとよくなれば」と指摘する。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160202-00000015-sph-socc


▼続きを読む▼

U23浅野のジャガーポーズ、実況席でゴンもやっていた 決勝ゴールで「ガオーッ!」 はてなブックマーク - U23浅野のジャガーポーズ、実況席でゴンもやっていた 決勝ゴールで「ガオーッ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/01(月) 19:04:29.92 ID:CAP_USER*.net
日本代表が韓国代表に大逆転し優勝したリオ五輪アジア地区最終予選のAFC U-23選手権決勝を実況中継したテレビ朝日の吉野真治アナウンサーが1日、「グッド!モーニング」(月-金曜、前4時55分)に出演し、後半36分に浅野拓磨(広島)が決勝ゴールを決めた際、総立ちの実況席で解説の中山雅史がジャガーポーズを決めていたエピソードを明かした。

吉野アナはまず、「私、吉野も昨日夜に帰国したんですけれども、遅い時間にもかかわらず空港には500人のファンが詰め掛けてくれました」と、1月31日午後11時過ぎに代表が帰国した際の様子を伝えた。

そして大会での日本代表の全15ゴールを紹介する中で、最後の韓国戦、浅野が決勝ゴールを消めた際の様子を「この時、実況席は私を含め総立ちでした。そしてゴンさん、よく見ると浅野と同じジャガーポーズを決めていたんですよね」と、VTR映像でその際の中山の興奮ぶりを明かした。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160201-00000034-dal-socc

▼続きを読む▼

U23日本代表、リベリらバイエルン選手と写真撮影 はてなブックマーク - U23日本代表、リベリらバイエルン選手と写真撮影

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/02/01(月) 20:47:24.34 ID:CAP_USER*.net
U-23日本代表、バイエルン選手と写真を撮ってた!
2016/02/01 19:00

Written by 編集部S

AFC U-23選手権の決勝で見事な逆転勝利を演じ、アジア王者に輝いた日本代表。

今回の合宿中、意外な選手たちと遭遇していたようだ。

こちらは、岩波拓也がツイートした内容だ。

岩波拓也@ta_ku0618
直前合宿で同じホテルだったバイエルン。練習も見ることができて刺激を受けました!!!少年の頃に戻ったみたいに写真をみんなで撮ってもらいました。
2016年2月1日 08:26
no title

https://pbs.twimg.com/media/CaFdN_OUsAAN_O3.jpg

U-23日本代表たちと一緒に写っているのは、バイエルンのフランク・リベリとティアゴ・アルカンタラである。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://qoly.jp/2016/02/01/u-23-japan-national-team-with-bayern-players
https://www.youtube.com/watch?time_continue=301&v=sp-U7dhflu4


no title

▼続きを読む▼

帰国早々、現実に直面するU-23唯一の大学生・室屋「追試が…」 はてなブックマーク - 帰国早々、現実に直面するU-23唯一の大学生・室屋「追試が…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/01(月) 17:36:31.72 ID:CAP_USER*.net
U-23日本代表で唯一の大学生は帰国早々、現実に直面していた。31日夜に羽田空港に到着し、報道陣の取材に応じたDF室屋成(明治大)は「追試があるので、勉強しないと」と、ため息交じりにこぼした。

リオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねたAFC U-23選手権の開催期間中が明治大のテスト期間だったという室屋。カタールに出発する前に「大学に行って、追試の申請をしてきた」そうで、「レポートも追試もある。24単位分あるので……」と、五輪切符を獲得した喜びもどこかに吹き飛んでしまったかのようだった。

“準々決勝の壁”を破ったイラン戦。0-0で迎えた延長前半6分、右サイドの高い位置でボールを受けた室屋は切り返しから左足で絶妙なクロスを上げ、MF豊川雄太の決勝ヘッドをアシストした。試合後は大学のチームメイトやスタッフからメールで「あんな左足、見たことない」「大学では手を抜いてるだろ」とイジられたという。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160201-01613607-gekisaka-socc

▼続きを読む▼
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
ヌルポあんてな
Facebookで更新情報を受け取る
逆アクセスランキング
相互RSS、記事削除要請など

名前
メール
本文
お知らせ
アクセスランキング
相互RSS募集中です → このブログについて