footballnet【サッカー2chまとめ】

3発演出の香川に脱帽する原口「真司くんをつかまえにくかった」

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/21(木) 21:23:50.32 ID:CAP_USER*.net
[4.20 DFBポカール準決勝 ヘルタ・ベルリン0-3ドルトムント]

DFBポカール(ドイツ国内杯)は20日、準決勝を行い、FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンはMF香川真司の所属するドルトムントに0-3で敗れ、37年ぶりの決勝進出はならなかった。原口は先発したが、得点に絡めぬまま後半20分に交代した。

「ドルトムントが強かったというか、(ボールを)取ってもすぐ取られてしまっての繰り返しで、バイエルンとやっているのと変わらない感じだった。取ったときには乳酸が溜まってる感じだった」

そう完敗を認める原口は「まずは失点しないこと(が大事だった)。耐えられれば良かった」と、先制を許した前半20分のシーンを悔やんだ。原口のプレッシャーをかわしたMFヘンリク・ムヒタリアンのスルーパスに香川が反応。斜めの動きでサイドのスペースに飛び出した香川の折り返しから最後はMFゴンサロ・カストロが先制点を奪った。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160421-01626616-gekisaka-socc

▼続きを読む▼

<ACミラン>「なぜ本田じゃないんだ?」ブロッキ新監督の采配に地元メディアからも疑問!

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/22(金) 09:13:14.89 ID:CAP_USER*.net
ミランはセリエA第34節でカルピとホームで0-0と引き分けた。MF本田圭佑が出場機会なしに終わり、現地メディアにはクリスティアン・ブロッキ監督の采配を疑問視する声も上がった。

新体制の初戦で勝利したミランは、カルピ戦も同じ4-3-1-2のシステムで臨んだが、MFユライ・クツカの出場停止とMFアンドレア・ベルトラッチの負傷もあり、ブロッキ監督はMFジャコモ・ボナヴェントゥーラを1列下げ、MFケヴィン=プリンス・ボアテングをトップ下に起用した。

だが、守備を固めるカルピを崩せず、ブロッキ監督は62分にボアテングを交代させる。すると、スタンドからは精彩を欠いた同選手にブーイングが飛んだ。
続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160422-00000001-goal-socc
<セリエA>ACミランは格下カルピを全く崩せず泥沼ドロー!本田、2試合連続で出番なし…c2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1461271671/

▼続きを読む▼

元鹿島レオナルドがJリーグで披露した魅せるプレーが話題に

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/21(木) 21:29:22.07 ID:CAP_USER*.net
元鹿島アントラーズのレオナルド。華麗で優雅なプレースタイルで我々を魅了してくれた選手であり、Jリーグ創成期の立役者の1人だ。

その後は世界へと活躍の場を広げ、PSGやミランでプレー。ブラジル代表においてはリヴァウドが台頭するまで10番を背負い、1998年のワールドカップにも出場した。現役引退後はミランやインテルで指揮官を務めるも結果が出ず。現在はサッカーの現場から離れた立場にいる。

そんなレオナルドの伝説的なプレーがインターネットで話題になっているのだ。きっかけはInstagramのバイラルアカウントである『433』。以前、Instagramアカウントにログインした状態のスマホのプッシュ通知が凄まじいとご紹介したアカウントだ。その『433』が投稿したのがコチラの動画。
https://www.instagram.com/p/BEV0jjiD0nD/

1995年11月1日、JリーグNICOSシリーズ第19節、横浜フリューゲルス戦で決めたスーパーゴールだ。華麗なリフティングで3選手を翻弄。記憶に残っているサッカーファンも多いだろう。そして、今から21年前という衝撃も。なお、この『433』のポストはレオナルド本人もRepost。まだまだ話題になりそうだ。そんなレオナルド、昨年の10月には来日したが、その予告の投稿がコレ。
https://www.instagram.com/p/8ampZRQ9-6/

キャプションにはこう記されている。
“ Minna genki!? Nippon ni ikimassu yo. 12oct,17oct ni Talkーshow Tokyo
(Hotel Intercontinental Anna) to Kashima (Kinro-Bunka Kaikan) de yarimasu!
Minna ni aeruno o tanoshimini shitemasu !! 17oct #Antlers vs Raysol bokumo #Kashima de mimasu !
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://qoly.jp/2016/04/20/leonardo-nascimento-de-araujo-19951101?part=2

▼続きを読む▼

ロアッソ熊本<巻誠一郎>被災者向けにサッカー施設を無料開放!「シャワーも出ます。サッカーしない方もお気軽に」

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/21(木) 08:27:06.93 ID:CAP_USER*.net
J2熊本FW巻誠一郎(35)が、被災者向けにサッカー施設を無料開放した。地元の宇城市内に開校した「巻フットサルセンターカベッサ熊本」のフットサルコートの点検が終わったことを受け、この施設を希望者が自由に利用できることを、SNSなどで告知。20日は早朝から、地元の子どもたちが現れ、巻と一緒に走り、ボールを蹴った。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160421-00000059-nksports-socc

▼続きを読む▼

<イタリア>サッカーなしでは生きていけない!スポーツ紙はページの7割がサッカー

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/21(木) 17:12:40.60 ID:CAP_USER*.net
イタリアの人々にとってサッカーは生活の一部だ。それは、私が故郷のカフェに入ったときの会話からもわかる。

朝、7時45分。ジョヴァンニはカウンターから目を上げ、バールを出る得意客の一団に挨拶した。看護士、左官屋、郵便局員、トラックドライバー。毎朝6時30分から8時まで、職場のタイムカードを押す前に、決まった時刻にバールに立ち寄る人々。

ジョヴァンニはコーヒーやカプチーノのカップを片付けカウンターとテーブルを拭く。最初の客たちがめくっていったスポーツ紙をたたみ直し、テーブルの上に並べていく。バールは今、朝のなじみ客の次のグループとなる年金暮らしの客たちの来店を受け入れる準備が整った。

村の教会が8度目の鐘を打ち終えたばかり。マリア夫人は、まるで飼い猫を外に出すように、家のドアを開け、旦那のジャコモを送り出す。ほうきを手に、きっかり昼食の時間には戻るようにと、脅しつけるしぐさをする。ジャコモはついこの間年金生活に入ったばかり。夫人は掃除をするときに、夫にうろうろされたくないのだ。

トスカーナのこの美しい中世の村には、中央の広場を囲むように、あらゆる種類の店が建ち並んでいる。ジャコモが常連となっているジョヴァンニのバール「ディエチ・エ・ローデ(100点満点の意味)」もそんな店の一つ。

イタリアでは、サッカーは口数の少ない人間もしゃべらせる話題と言われている。サッカーがコーヒーとミックスされると、高齢者にとっては若さを取り戻す妙薬となる。ジャコモの到着を待ち受けているのは、みな同様に年金暮らしで、家から追い出された連中だ。全員がそろうと注文が行われる。

彼らが必ず手にするのがスポーツ紙だ。ページの7割は、サッカーで埋め尽くされる。バールで熱の入った会話のきっかけとなる話題には事欠かない。最初の会話の応酬から、今日のテーマがはっきりする。この日、話題となったのはFIFAの前代未聞の汚職スキャンダルだ。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160421-00000034-sph-socc

▼続きを読む▼

英紙がレスター<岡崎慎司>を“危険人物”と指摘!

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/21(木) 19:52:38.95 ID:CAP_USER*.net
岡崎の躍動に期待膨らむ

“二番星”が輝くのは、一番星が不在の時だ。24日に行われるホームでのスウォンジー戦をジェイミー・バーディ抜きで戦わなければならないレスターだが、これは“誰か”にとってのチャンスとなるかもしれない。

バーディは17日に開催された第34節のウェストハム戦でシミュレーションによるレッドカードを受け、退場に。今季22ゴールを挙げるこの花形ストライカーを欠いた状態でスウォンジー戦に臨むレスターだが、英『Evening Post』はクラウディオ・ラニエリ監督のチームにはバーディ以外にも“自慢すべき多くの兵力”が存在すると指摘。鋭いドリブルで相手DF網を破壊するリヤド・マフレズや、豊富な運動量と“華麗なバイシクル”を得意とする岡崎慎司らを「バーディ以外の危険人物」とし、スウォンジーに警戒を呼びかけている。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160421-00010012-theworld-socc

▼続きを読む▼

長友不出場のインテル、痛い黒星 CL出場の夢が遠のく (GOAL)

1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/04/21(木) 10:01:16.87 ID:CAP_USER*.net
20日に行われたセリエA第34節、ジェノア対インテルの一戦は、1-0でホームのジェノアが勝利を収めた。インテルDF長友佑都はベンチ入りしたが、出場機会がなかった。

前節で2位ナポリを撃破し、3位ローマが引き分けたため、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得への望みが再び高まっていたインテルだが、その流れを生かすことができなかった。

インテルは長友をベンチスタートとし、左サイドにアレックス・テレスを起用。コンドグビアが出場停止の中盤では、フェリペ・メロとメデルがダブルボランチを組み、前線はイカルディを中心にパラシオ、ペリシッチ、ブロゾビッチで構成する。

立ち上がりの4分、インテルはセットプレーの流れからチャンスをつくる。ミランダのクロスにペリシッチが頭で合わせるが、ペリン離脱でゴールマウスに立つラマンナのセーブに阻まれた。

インテルは28分にもパラシオのクロスからイカルディがヘッドで狙うが、ぎりぎりのところでムニョスにクリアされる。35分にはブロゾビッチのクロスからファーのペリシッチが頭で押し込もうとするが、ここもラマンナの壁に阻まれた。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160421-00000041-goal-socc

▼続きを読む▼
スポンサードリンク
最新記事
ヌルポあんてな
AD
最新コメント
Facebookで更新情報を受け取る
相互RSS、記事削除要請など

名前
メール
本文
お知らせ
相互RSS募集中です → このブログについて


スポンサードリンク