footballnet【サッカーまとめ】

天才ドリブラーの金言 世界で通用する“技”を身につけるために必要なこと はてなブックマーク - 天才ドリブラーの金言 世界で通用する“技”を身につけるために必要なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/07/07(木) 17:34:21.67 ID:CAP_USER9
前園氏はいかにしてドリブルを身につけたのか

 サッカーの醍醐味の一つであるドリブル。相手がどんなに組織的に守っていても、チームに天才的なドリブラーがいれば、守備網に綻びを生じさせることができる。ドリブルは個人技を磨く上でも重要な要素であり、育成年代のトレーニングでも懸命に練習する光景が見受けられる。

 日本にも天才ドリブラーとして名を馳せた選手たちがいる。元日本代表の前園真聖氏もその1人だ。1996年アトランタ五輪のアジア予選では神がかり的なテクニックで日本を28年ぶりの本大会出場へと導き、Jリーグ、ブラジル、韓国と渡り歩いた。

 前園氏は自身の体格も考慮した上でドリブルの上達に注力するようになったという。

「僕は身長が170センチしかない。当時、マラドーナというメッシみたいな選手がいた。今みたいにテレビでやっていない時代だったので、ビデオを借りてきて、マラドーナのドリブルを研究して練習した。身長が高いわけではないし、体も強いわけでもない。自分の武器というか自分がこれからやっていく上で、プレーで通用するのは何かを考えて身につけていった」
続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160707-00010002-theanswer-socc&p=2

▼続きを読む▼
スポンサードリンク

宮市亮、オフの自主トレではけがをしない体作りにトライ!「結果残せる自信ある」 はてなブックマーク - 宮市亮、オフの自主トレではけがをしない体作りにトライ!「結果残せる自信ある」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/07(木) 13:26:30.48 ID:CAP_USER9
ドイツ2部ザンクトパウリのFW宮市亮(23)が、自信を取り戻そうとしている。

昨季開幕直前の左膝前十字靱帯(じんたい)断裂の重傷から復帰。オフの自主トレではけがをしない体作りにトライした。ドイツに出発する前に日刊スポーツの単独インタビューに応じ、欧州での7季目に向けて思いを語った。
続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160707-00000066-nksports-socc

▼続きを読む▼

ミランのモンテラ新監督、本田について「強く重要な選手。もっとよく知りたい」 はてなブックマーク - ミランのモンテラ新監督、本田について「強く重要な選手。もっとよく知りたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/07/07(木) 22:18:31.42 ID:CAP_USER9
サッカー日本代表MF本田圭佑が所属するACミランのビンチェンツォ・モンテラ新監督が7日、ミラノ市内の「カーサ・ミラン」で就任会見を行い、本田について「強く重要な選手。もっとよく知りたい」と期待を膨らませた。

 モンテラ監督はガリアーニCEОと会見に臨んだ。個々の選手についてはあまり語らない主義のようだが、本田ついては「陽気だったり、落ち込んだり(感情が)はっきりしているようだ。もっとよく知りたいし、日々、彼に息を吹き込んでいきたいと思う。サッカー選手としては、強くチームに重要だ。だから他の選手と同じように日に日に、彼のことをもっとよく知っていきたい」とコメントした。
続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160707-00000086-dal-socc

▼続きを読む▼

岡崎慎司「海外のトップでやれるのは、あと4、5年…清水エスパルスに…いつかは戻ってプレーしたい」 はてなブックマーク - 岡崎慎司「海外のトップでやれるのは、あと4、5年…清水エスパルスに…いつかは戻ってプレーしたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/08(金) 06:09:11.66 ID:CAP_USER9
日本代表FW岡崎慎司(30=レスター)が、将来的にJリーグに戻り、古巣の清水に所属する希望を明かした。

7日放送のフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜午後9時)に出演。女優波瑠と名物コーナー「食わず嫌い王決定戦」に登場し、トークを繰り広げる中で明言した。

「海外のトップでやれるのは、あと4、5年だと思います。体力的にも。自分としては清水エスパルスにお世話になってきたので、いつかは戻ってプレーしたいなと」
続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160707-00000159-nksports-socc

▼続きを読む▼

宮市亮からアーセナル入りする浅野拓磨への伝言 はてなブックマーク - 宮市亮からアーセナル入りする浅野拓磨への伝言

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/07/07(木) 22:02:44.96 ID:CAP_USER9
ドイツ2部ザンクトパウリに所属するFW宮市亮(23)は、リオデジャネイロ五輪代表の広島FW浅野拓磨(21)のアーセナル移籍に何を思うのか。ドイツで迎える2度目の開幕に向けチームに合流し、プレシーズンの練習をこなす宮市に聞いた。

 「(浅野選手の移籍は)インターネットのニュースで知りました。記事を読んだ程度ですが、実力を評価されてアーセナルに入るのだから、自信を持って行ってもらいたいと思います」

 素直に喜んでいた。浅野が挑戦を決めたプレミアの名門クラブで、同じように名将ベンゲル監督に認められて正式オファーを受けてプロになり、4年半所属。その間に、複数クラブに期限付き移籍し、武者修行も経験している。

 だが、けがもあり思うような活躍はできなかった。どん底を知り、この1年半ほどで、一気にたくましくなった。奥さんはじめ、家族や周囲の支えもあり、あのころの自分を客観的に見つめられるようになっている。

 「アーセナルのレベルまでいくと、やはりメンタルの強さが大事だと思います。レベルが高く、日々のトレーニングではボール回し1つとっても、誰もミスをしない。そんな環境で、日本でそれまで通用していた部分、自分の良さを見失ってしまい、悪いところばかりを考えてしまっていました。

 そのうちに、絶対にレギュラーを獲ってここで活躍してやろうという、入ったころのハングリーな気持ちが変化し、いつの間にか、どこかで自分の限界を作っていました。この選手たちと練習をこなしているだけで、何かを成し遂げたような感覚、そんな気持ちになってしまいました」
続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160707-00000107-nksports-socc

▼続きを読む▼

「ロシアW杯が最後」と話した本田…カズ、中田氏、俊輔の代表引退をひもとく はてなブックマーク - 「ロシアW杯が最後」と話した本田…カズ、中田氏、俊輔の代表引退をひもとく

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/07/07(木) 16:54:31.96 ID:CAP_USER9
日本代表のFW本田圭佑(30)=ACミラン=が、4日放送の日本テレビ系「NEWS ZERO」で、2018年ロシアW杯が現役選手として最後のワールドカップになる可能性が高いことを示唆した。

「おそらく自分の最後になる可能性の高いワールドカップだと自覚していますんで、そこに向けてやっていこうと思っています」
続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160706-00000568-sanspo-socc

▼続きを読む▼

PSVからオファーのG大阪MF堂安律が残留決断!長谷川監督&宇佐美の説得受ける はてなブックマーク - PSVからオファーのG大阪MF堂安律が残留決断!長谷川監督&宇佐美の説得受ける

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/07/08(金) 07:19:53.51 ID:CAP_USER9
オランダ1部の名門・PSVから獲得オファーを受けていたG大阪のU―19日本代表MF堂安律(18)が7日、G大阪残留を決断したことを明かした。

U―19日本代表のアメリカ遠征から戻り、大阪・吹田市内で練習後、「残ります。長谷川監督もサッカー選手の先輩として、まだG大阪でやったほうがいい、とアドバイスをくれましたし、(ドイツ1部・アウクスブルクへ移籍した)宇佐美くんも残った方がいいという話をしてくれました。
続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160707-00000179-sph-socc

▼続きを読む▼
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
ヌルポあんてな
Facebookで更新情報を受け取る
逆アクセスランキング
相互RSS、記事削除要請など

名前
メール
本文
お知らせ
アクセスランキング
相互RSS募集中です → このブログについて