footballnet【サッカーまとめ】

TOP > ユース世代

ユース世代

スポンサードリンク

<青森山田>初V歓喜のはずが…スパイク盗難被害!被害額は30万円と推定 はてなブックマーク - <青森山田>初V歓喜のはずが…スパイク盗難被害!被害額は30万円と推定

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/12/12(月) 08:27:48.31 ID:CAP_USER9
<高円宮杯U-18プレミアリーグ東地区:東京U-18 0-1 青森山田>◇最終節◇11日◇東京・小平グラウンド

 18歳以下の日本最高峰サッカーリーグで、前代未聞の窃盗事件が起きた。高円宮杯U-18プレミアリーグ東地区の最終節が11日、各地で行われ、都内の小平グラウンドで東京U-18と対戦した青森山田のスパイク11足分などが紛失する騒ぎがあった。試合中に盗難被害に遭ったとみられ、所轄の小平署が調べている。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-01750754-nksports-socc

▼2ちゃんねるの反応・続きを読む▼

<15歳FW久保建英が飛び級選出!>アルゼンチン遠征に臨むU19日本代表メンバー発表 はてなブックマーク - <15歳FW久保建英が飛び級選出!>アルゼンチン遠征に臨むU19日本代表メンバー発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/11/24(木) 16:43:41.54 ID:CAP_USER9
日本サッカー協会(JFA)は24日、アルゼンチン遠征に臨むU-19日本代表メンバーを発表した。

メンバーには川崎フロンターレ所属のMF三好康児やジュビロ磐田所属のFW小川航基らに加え、FC東京U-18所属の久保建英が選出された。

U-19日本代表は11月30日から12月10日にかけてアルゼンチン遠征を行う。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00519711-soccerk-socc

日本サッカー協会 U-19日本代表HP
http://www.jfa.jp/national_team/u19_2016/

▼2ちゃんねるの反応・続きを読む▼

<ハリルホジッチ監督>U―19優勝に「素晴らしい成功」「日本には若い世代が信頼されにくい風潮がある」 はてなブックマーク - <ハリルホジッチ監督>U―19優勝に「素晴らしい成功」「日本には若い世代が信頼されにくい風潮がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/31(月) 20:08:00.51 ID:CAP_USER9
U―19(19歳以下)アジア選手権でU―19日本代表が初優勝したことを受け、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)が31日、JFAハウスで取材に応じた。

「素晴らしい成功。祝福したい」と喜ぶ一方、「アジアのチャンピオンになったのだから、良い世代。彼らを伸ばしてあげないといけない。試合を与えて欲しい。若手の世代を信頼してほしい」と所属するJクラブの監督に、出場機会を求めるメッセージを送った。

同監督は今大会を通じて何試合かを見た。目に付いた何人かの選手について「この選手はクラブで出ているのか」と代表スタッフに聞いたが、返答は「出ていないという答えばかりだった」という。「本当に難しい年代。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00000113-sph-socc

▼2ちゃんねるの反応・続きを読む▼

PK戦でサウジ撃破!U-19日本代表が7回目のファイナル挑戦で悲願の初優勝!! はてなブックマーク - PK戦でサウジ撃破!U-19日本代表が7回目のファイナル挑戦で悲願の初優勝!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/10/31(月) 02:13:36.34 ID:CAP_USER9
[10.30 AFC U-19選手権決勝 日本 0-0(PK5-3)サウジアラビア]

 19歳以下のアジアナンバー1を争うAFC U-19選手権バーレーン2016は30日に決勝を行い、U-19日本代表は0-0で突入したPK戦の末、サウジアラビアに5-3で勝利。過去準優勝6回の日本は7回目となる決勝挑戦で初めて勝利し、悲願の初優勝を果たした。

 2020年東京五輪を23歳以下で迎える97年生まれ以降の「東京五輪世代」がアジアの頂点に立った。日本は準決勝のベトナム戦から先発10名を入れ替え、U-20W杯出場を決めたタジキスタンとの準々決勝と同じ11名でスタート。4-4-2システムのGKは小島亨介(早稲田大)で4バックは右SB藤谷壮(神戸)、CB冨安健洋(福岡)、CB中山雄太(柏)、左SB舩木翔(C大阪U-18)。中盤は主将の坂井大将(大分)と市丸瑞希(G大阪)のダブルボランチで右MF堂安律(G大阪)、左MF三好康児(川崎F)。2トップはFW小川航基(磐田)とFW岩崎悠人(京都橘高)がコンビを組んだ。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-01632771-gekisaka-socc

▼2ちゃんねるの反応・続きを読む▼

<セルジオ越後>今のU-19日本代表に、俊輔や小野、香川はいるの? はてなブックマーク - <セルジオ越後>今のU-19日本代表に、俊輔や小野、香川はいるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 c2ch.net 2016/10/28(金) 21:19:28.09 ID:CAP_USER9
◼Jリーグでは“それなりの成長”しか期待できない。

 日本の現状はどうかと言えば、A代表に引き上げられるような人材がいるとは思えない。

「飛び級でハリルジャパンに入れるべき!」といった記事もほとんど目にしない。世界を見渡せば、19歳ならA代表に入っていてもおかしくはないんだけどね。

ポルトガル代表のレナト・サンチェスなんて、今年のユーロ優勝に貢献しているからね。
 
 日本にもそういう選手がいなかったわけではない。中村俊輔や小野伸二をはじめ、香川真司、内田篤人も19歳でA代表に選出されている。

でも、彼らのような選手が最近はめっきり少なくなってきているよね。
 
 5大会ぶりのU-20ワールドカップ出場は、もちろん喜ばしいことだ。でも、満足していてはダメだし、浮かれてほしくない。過去を振り返って比べてみて、そこで今の日本の実力や成長をしっかりと見極めることが必要だ。
 
 ケチをつけるつもりはないし、相手の国を悪く言うつもりもないけど、タジキスタンやベトナムに勝ったとはいえ、諸手を挙げて賞賛するのは少し違うんじゃないかな。

もっと言えば、アジアというカテゴリーで、勝った負けたと騒ぐような時代は、もう終わりにしなければならないと思う。
 
 日本の実力に疑問が沸いてくるのは、Jリーグに問題があるのかもしれないね。U-19代表の何人かの選手たちは、所属クラブで試合に絡めてはいるけど、リーグ自体のレベルが落ちてきているから、それなりの成長しか期待ができない。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161028-00020083-sdigestw-socc

▼2ちゃんねるの反応・続きを読む▼

U19日本、ベトナムに快勝で初のアジア制覇に王手! 全試合無失点で決勝へ はてなブックマーク - U19日本、ベトナムに快勝で初のアジア制覇に王手! 全試合無失点で決勝へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/10/28(金) 03:07:21.62 ID:CAP_USER9
AFC U-19選手権・準決勝が27日に行われ、U-19日本代表とU-19ベトナム代表が対戦した。

 同大会は来年行われる2017 FIFA U-20ワールドカップのアジア予選を兼ねており、日本は準々決勝でタジキスタンを下して5大会ぶりとなるW杯出場権を獲得。次は、この世代では史上初となるアジア制覇が目標となる。

 10年ぶりの決勝進出を目指す日本は、タジキスタン戦のスタメンからMF市丸瑞希を除く10人を変更。GK廣末陸、DF岩田智輝、DF板倉滉、DF町田浩樹、DF初瀬亮、MF原輝綺、MF遠藤渓太、MF長沼洋一、FW中村駿太、FW岸本武流が起用された。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161028-00508539-soccerk-socc

▼2ちゃんねるの反応・続きを読む▼

U-19日本代表エース・堂安律に在外ベトナム人疑惑が浮上?「DOAN」はベトナムによくある名字…ベトナム人から問い合わせ相次ぐ はてなブックマーク - U-19日本代表エース・堂安律に在外ベトナム人疑惑が浮上?「DOAN」はベトナムによくある名字…ベトナム人から問い合わせ相次ぐ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: れいおφ ★@無断転載は禁止 2016/10/26(水) 12:12:07.68 ID:CAP_USER9
10月27日に行われるAFC U-19選手権バーレーン2016の準決勝で、ベトナムと日本が激突する。

ベスト4に進出し、既にU-20ワールドカップ出場権を獲得している両チームだが、ベトナムでは次の対戦相手である日本のある選手に注目が集まっている。

その選手とは、ガンバ大阪所属のMF堂安律(どうあん りつ:18歳)。準々決勝タジキスタン戦で2点目を決めて勝利に貢献した堂安ではあるが、注目される理由はその名前にあった。

日本でもかなり珍しい苗字の堂安であるが、これをアルファベット表記の「DOAN」で目にしたベトナム人の多くが越僑(在外ベトナム人)と誤解した。ベトナムには「?oan」という苗字があるため、無理もないことだ。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://www.vietnam-football.com/news/nationalfootballteam/161025012053.html

▼2ちゃんねるの反応・続きを読む▼

<日本代表>小川や堂安らいるぞ!田嶋会長 U19の「飛び級」A代表期待 はてなブックマーク - <日本代表>小川や堂安らいるぞ!田嶋会長 U19の「飛び級」A代表期待

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/26(水) 11:54:52.12 ID:CAP_USER9
日本サッカー協会の田嶋幸三会長(58)がU―20W杯出場を決めた男子のU―19日本代表に「飛び級」のハッパを掛けた。「選手がいないと言われた中で、岩崎、堂安、小川のような選手がいる」と個人名を挙げて将来的なA代表入り期待をした。

日本は開催中のU―19アジア選手権の準々決勝でタジキスタンに4―0で快勝し、上位4カ国に与えられる17年U―20W杯韓国大会(5月20日~6月11日)出場権を、07年カナダ大会以来5大会ぶりに獲得した。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/10/26/kiji/K20161026013604380.html

▼2ちゃんねるの反応・続きを読む▼

日本、韓国、中国、豪州…サッカーアンダー世代の明暗 はてなブックマーク - 日本、韓国、中国、豪州…サッカーアンダー世代の明暗

このエントリーをはてなブックマークに追加
11: 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止 2016/10/21(金) 19:25:05.76 ID:YZKTZb3o0
日本
U23 6勝0分0敗 15得点4失点
U19 2勝1分0敗 6得点0失点
U16 4勝0分1敗 24得点4失点

韓国
U23 4勝1分1敗 14得点6失点
U19 2勝0分1敗 6得点4失点 GL敗退
U16 1勝1分1敗 4得点2失点 GL敗退

豪州
U23 1勝1分1敗 2得点1失点 GL敗退
U19 1勝0分1敗 3得点3失点
U16 0勝0分3敗 2得点10失点 GL敗退

中国
U23 0勝0分3敗 4得点9失点 GL敗退
U19 0勝0分2敗 0得点3失点 GL敗退
U16 最終予選進めず

▼2ちゃんねるの反応・続きを読む▼

「日本は激しくプレスすれば……」アジアの対策にU-16も屈した現実。 はてなブックマーク - 「日本は激しくプレスすれば……」アジアの対策にU-16も屈した現実。

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: YG防衛軍 ★@無断転載は禁止 2016/10/05(水) 18:09:21.00 ID:CAP_USER9
A代表の課題は育成年代から取りかからないと手遅れになる――。

 U-16日本代表を率いる森山佳郎監督の口から放たれる言葉の中に、このメッセージが何度も、そして強調されるように籠められていた。

 「日本はまず守備をしっかりとやったところから、カウンターもしくはビルドアップをしなければいけないのに、イラクはその両方を潰しに来た」(森山監督)

 AFC U-16選手権において、準々決勝でUAEを破って来年のU-17W杯の出場権を獲得した通称「00ジャパン」だったが、アジアチャンピオンを目指して臨んだ準決勝のイラク戦で2-4で敗れた。

 イラクは日本に対して前線から果敢なプレスを仕掛けて、日本が持つパスワークを封じると、奪ったボールを素早く前線のアタッカーに繋げる。日本に守備組織を構築する時間を与えずにカウンターを仕掛けて来た。それでも前半は日本が1点リードするなど、リズムを掴んだが、後半はイラクの一向に落ちない運動量、むしろ増していく気迫の前に、徐々に飲まれていく。結果、今大会の得点王とMVPを獲得したMFムハンマド・ダウードにハットトリックを許すなど、終盤に失点を重ね、敗戦の時を迎えた。
ハイプレスもカウンターも計画通りに実行してくる。

 これは2012年のAFC U-19選手権準々決勝を思い出す試合だった。U-20W杯を懸けたこの一戦で、久保裕也、大島僚太らを擁する日本は、イラクの前からのプレスと鋭いカウンターに思うようなサッカーを一切させてもらえず、1-2のスコア以上の完敗を喫した。この時、現イラクA代表の若きエースであるFWムハンナド・アブドゥッラヒームら多くのタレントがいた。 4年前と今回のイラクに共通しているのが、前線からのハイプレスも、ロングボールを軸にしたカウンターも、決して"むやみやたら"の代物ではないことだ。アブドゥッラヒームやダウードなど、アジア屈指のタレントを抱えると同時に、ボールの奪いどころと攻めどころを全員がしっかりと共有している。
(*゚∀゚)っ続きはリンク先から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161005-00826610-number-socc&p=3

▼2ちゃんねるの反応・続きを読む▼
スポンサードリンク
最新記事
ヌルポあんてな
Facebookで更新情報を受け取る
逆アクセスランキング
相互RSS、記事削除要請など

名前
メール
本文
お知らせ
アクセスランキング
相互RSS募集中です → このブログについて